« JR四国、「ヤング ウィークエンド カード」を廃止 | Main | 青函トンネルの確認車、時速110キロにスピードアップか »

名古屋市交通局、2か所で終バス延長試行

 以前に書いた記事の続報です。実は2015年12月4日から、2路線において、最終バス時刻延長の試行を行っています。鉄道駅から離れた市周辺部における市バスの利便性向上や利用促進を図るため、最終バス時刻の延長を検討していて、需要動向等を図るために、現行バス後の増便を試行しているのです。

 運行する日は、金曜日及び休日の前日。ただし、8月13~15日、12月29日~1月3日、休日を除きます。試行の期間は1年を予定しています。

 試行する路線は、鉄道駅から2キロ以上離れた地域のうち、栄を22時台の地下鉄で出発しなければ市バスに乗り継いで帰宅することができない路線が選ばれています。地下鉄高畑から河合小橋に行く高畑16系統と、星ケ丘から極楽や勢子坊を回って星ケ丘に戻る、幹星丘1系統(左まわり)の2つです。高畑16系統は現行の最終が22:32発ですが、23:30発になります。栄23:07発、名古屋23:12発の地下鉄が接続します。終点の河合小橋には23:52に着きます。幹星丘1系統(左まわり)は現行の最終が22:04発ですが、23:30発になります。名古屋23:01発、栄23:06発の地下鉄が接続します。極楽には23:45、勢子坊には23:47に着き、終点の星ケ丘には23:59に戻ってきます。

(追記)
 2016年12月2日から、これまで試行というかたちで行われてきた、最終バス時刻延長について、本格実施されることになりました。運行日及び運行便は試行時代と変わりません。
(参考:名古屋市交通局ホームページ http://www.kotsu.city.nagoya.jp/info/2007/009199.html、http://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/BUS/TRP0001889.htm)

|

« JR四国、「ヤング ウィークエンド カード」を廃止 | Main | 青函トンネルの確認車、時速110キロにスピードアップか »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63006137

Listed below are links to weblogs that reference 名古屋市交通局、2か所で終バス延長試行:

« JR四国、「ヤング ウィークエンド カード」を廃止 | Main | 青函トンネルの確認車、時速110キロにスピードアップか »