« JR東海旧371系は、水戸岡氏デザイン | Main | 大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」、2016年も運行 »

東海道新幹線に新型車両、2020年度から

 N700Aの増備が進みつつあるJR東海の東海道新幹線。4代目に当たる(500系はカウントされていないようです)700系は2019年度末に引退します。N700系追加投入により、追い出されるのです。

 そして、2020年度以降はどうなるのでしょうか? 実は7代目となる新型車両が投入されるのです。N700Aとは違う形式になるのです。

 それでは、その新型車両とはどういうものでしょうか? 外観ははっきりとは決まっていませんが、N700Aのように、鷲が翼を広げたような先頭形状が踏襲されるようです。発熱が少ない次世代半導体を使うことで冷却機能を簡略化し、モーターなどの駆動システムを10%以上軽くすることができます。1編成(16両)で約7トンの軽量化を図ることができます。車体が軽くなると線路や橋の負担が軽くなって補修が容易になり、大規模な更新も減らすことができます。走行に伴う振動や風切り音も小さくなり、車内や沿線への騒音も減らすことができます。駆動システムは小型化され、床下の空いたスペースに安全対策機器などを搭載することができます。電力消費量は0系と比べると半分になるようです。
(参考:中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016010590090213.html)

|

« JR東海旧371系は、水戸岡氏デザイン | Main | 大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」、2016年も運行 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東海道新幹線に新型車両、2020年度から:

« JR東海旧371系は、水戸岡氏デザイン | Main | 大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」、2016年も運行 »