« 伊勢鉄道、三重県等の負担で当面存続 | Main | JR北海道、秩父鉄道、大井川鐵道が、東武のSL復活に協力 »

手持ちのICカードで東海道・山陽新幹線乗車可能に

 東海道・山陽新幹線には、「EXサービス」というものがあります。エクスプレス会員向けのもので、指定席をインターネットで予約し、「みどりの窓口」等で紙の切符に引き換えることなく、会員専用のICカードでそのまま乗車することができます。JR東海の「プラスEX」を除いてJR東海かJR西日本のクレジットカードが必要で、一般のクレジットカードが使える「プラスEX」も、年間540円かかります。

 しかし、JR東海とJR西日本は、パソコン、スマートフォン等で東海道・山陽新幹線の指定席を予約・購入し、新幹線の改札において「Suica」などの交通系のICカードをかざすことによって、新幹線に乗車することのできる新しいチケットレスサービスを2017年夏を目標に始めます。事前にパソコン、スマートフォン等ですでに持っているクレジットカード(VISA、Master、JCBなどが使えます)と交通系ICカードを登録します。クレジットカード会社への申し込みは不要で、年会費はかかりません。登録さえ済んでいれば、あとはパソコン、スマートフォン等で指定席を予約し(支払は予約時に登録したクレジットカードで行います。予約の変更は、発車前まで何度でもできます)、新幹線に乗るだけです。交通系ICカードをそのまま使うので、在来線との乗り換えも1枚のカードでできます(在来線の運賃は、これまで通り、チャージされたICカードの残額から引き去ります)。

 なお、この新しいチケットレスサービスが導入された後も、会員制の「EXサービス」は残ります。新しいクレジットカードをつくり、年会費も払って、同じサービスしか受けられないとは、わざわざクレジットカードをつくる意味はありませんので、新しいチケットレスサービスには(割引がないなどの)何らかの制約があるようです。

(追記)
 交通系ICカードと手持ちのクレジットカードで東海道・山陽新幹線に乗ることのできる新しいチケットレスサービスの名前が、「スマートEX」に決まりました。「スマートEX」は2017年9月末にサービスを開始する予定です。なお、価格は駅で売る通常の切符とほぼ同じになる予定です。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/01/page_8224.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/02/page_10022.html、乗りものニュース http://trafficnews.jp/post/48204/2/)

|

« 伊勢鉄道、三重県等の負担で当面存続 | Main | JR北海道、秩父鉄道、大井川鐵道が、東武のSL復活に協力 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 手持ちのICカードで東海道・山陽新幹線乗車可能に:

» 【JR西日本】【JR東海】交通系ICカードを利用した新しいチケットレスサービス導入を発表(H29年夏予定) [阪和線の沿線から]
JR西日本とJR東海では、東海道・山陽新幹線でICOCA・TOICAなどの交通系ICカードを利用して乗車できる新しいチケットレスサービスを導入することに合意したことを発表しました。 エクス ...... [Read More]

Tracked on 2016.02.28 11:33 PM

« 伊勢鉄道、三重県等の負担で当面存続 | Main | JR北海道、秩父鉄道、大井川鐵道が、東武のSL復活に協力 »