« 京成AE100形、2月にさよならツアー催行 | Main | 宗谷線の特急料金、地元は10円 »

和歌山に路面電車復活構想

 ほかの国内の主要都市でもそうであったように、かつて和歌山にも路面電車が走っていました。1909年に営業を始め、和歌山と隣の海南の街を走っていました。1965年の最盛期には年間約2670万人を運びましたが、その後は急速なモータリゼーションで乗客が減少し、渋滞解消や国体開催に向けた都市計画などを理由に、1971年3月31日に全線廃止されました。廃止となった路面電車の車両は漁礁として海に沈められました。

 ところがそれから40年が経った2011年に、和歌山にLRT導入を目指す市民団体ができました。和歌山県職員や大学教授ら7人が構想を練ったり、情報の発信をしたりしています。この市民団体が導入を目指しているLRTは、かつての市電とほぼ同じ経路をたどりますが、軌道は歩道の脇に敷くようにしています。

 この動き、市役所の内部にも出てきました。2015年5月には尾花和歌山市長がLRT等の研究を行いたいという旨の発言をし、市役所の中に7課10人でつくる、次世代交通を研究するプロジェクトチームができました。今年度末までに報告書をまとめる予定です。
(参考:朝日新聞ホームページ(会員登録要) http://digital.asahi.com/articles/ASHDS5QWLHDSPXLB00J.html?rm=580)

|

« 京成AE100形、2月にさよならツアー催行 | Main | 宗谷線の特急料金、地元は10円 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 和歌山に路面電車復活構想:

« 京成AE100形、2月にさよならツアー催行 | Main | 宗谷線の特急料金、地元は10円 »