« 鳥取-出雲間に高速バス | Main | 屋久島トロッコは2018年4月開業か? »

土佐くろしお鉄道中村駅で「駅にぎり」

 土佐くろしお鉄道の中村駅は、土佐くろしお鉄道の主要駅。宿毛まで延伸される前は、終着駅でした。しかし、今時のこととはいえ、駅弁はありません。

 そこで沿線7市町村と高知県でつくる土佐くろしお鉄道中村・宿毛線運営協議会は2015年に、沿線を食の視点でPRしようとレシピを公募しました。37点の中からコンテストなどによって、(2015年9月の「中村駅まつり」来場者による投票で選ばれた)グランプリと準グランプリの3点に絞って商品化されたのが、3種類の「駅にぎり」でした。

 1月2日から売り出された「駅にぎり」は、沿線の食材を使ったもの。煮たカツオの入った「かつおにぎり」、キビナゴの煮物を混ぜた「黒きびにぎり」、コンテストでグランプリを取った「ぶりの炊き込みにぎり」の3種類です。宿毛市の料理店が製造し、具材と米は地元でとれたものです。3つとも1個税込130円。中村駅の売店で3月まで発売し、好評なら4月以降も継続します。
(参考:高知新聞ホームページ http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=349897&nwIW=1&nwVt=knd、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASJ123V8HJ12PLPB001.html)

|

« 鳥取-出雲間に高速バス | Main | 屋久島トロッコは2018年4月開業か? »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 土佐くろしお鉄道中村駅で「駅にぎり」:

« 鳥取-出雲間に高速バス | Main | 屋久島トロッコは2018年4月開業か? »