« 大阪市営地下鉄、バス等の民営化基本方針案、2月議会に提案へ | Main | インバウンド効果で高山-富山間の乗車率が倍? »

三沢空港、夏休み期間に運休

 青森県の三沢空港は、米軍、航空自衛隊との軍民共用空港。設置管理者は米軍となっています。

 その三沢空港ですが、2015年から滑走路の補修工事を行っています。その影響で、7月20日から8月11日までの23日間、三沢空港の発着便をすべて運休させます。運休するのはJALの羽田線3往復、伊丹線1往復、北海道エアシステムの丘珠線1往復です。なお、三沢空港運休の代替措置として、JALの羽田-青森線を1日6往復から8往復に、伊丹-青森線を1日3往復から4往復に増やします。

 しかもこの工事、今年だけではなく、2019年まで毎年行う予定です。この時期は夏休みであり、「青森ねぶた祭」などの大型イベントが続きます。代替の増便があるとはいえ、観光客への影響が大きそうです。

(追記)
 北海道エアシステムは三沢空港が使えない期間を使って、函館-旭川間にチャーター便を運行します。7月23日から25日の3日間です。なお、この区間の航空定期便は利用の低迷で2013年2月に休止しています。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/articles/20160126/ddl/k02/020/058000c、Web東奥 https://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160131009896.asp、北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0242594.html)

|

« 大阪市営地下鉄、バス等の民営化基本方針案、2月議会に提案へ | Main | インバウンド効果で高山-富山間の乗車率が倍? »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三沢空港、夏休み期間に運休:

« 大阪市営地下鉄、バス等の民営化基本方針案、2月議会に提案へ | Main | インバウンド効果で高山-富山間の乗車率が倍? »