« 「湖西ルート」、「若狭ルート」落選 | Main | 東京のタクシー、7月から初乗り値下げの社会実験 »

「かなやのかにめし」北海道新幹線バージョン発売

 先日は北海道新幹線「グランクラス」の車内サービスについて説明しましたが、今日は在来線についてです。

 JR北海道でグリーン車サービスと車内販売を行っている列車はずいぶん減っていて、「スーパー北斗」、「北斗」、「スーパーおおぞら」しかありません(一部列車を除きます)。ところが、3月25日でおしぼり、ドリンクサービス、毛布、雑誌といったグリーン車サービスが廃止されてしまいます。グリーン車はただ椅子がいいだけというようになってしまうのです。

 車内販売は残ります。車内販売を行う列車は若干変わります。「スーパー北斗」、「北斗」は終わりの2往復ずつを除いて車内販売がありましたが、それが始発と最終を除いた10往復において車内販売を行うようになります。「スーパーおおぞら」はこれまでと同じく、始発と最終を除いた4往復で車内販売を行います。

 北海道新幹線開業を記念して、在来線の車内販売も企画商品ができます。長万部の有名駅弁、「かなやのかにめし」は、車内販売限定かつ期間限定で、北海道新幹線H5系が描かれた掛け紙で包装されます。1080円です。3月1日から8月下旬までで、掛け紙がなくなり次第終了となります。車内販売を実施する「スーパー北斗」、「北斗」で販売します。

 そのほかの商品もあります。ハムやソーセージを製造・販売する株式会社函館カール・レイモンの人気商品「一口サラミ」を販売します。30グラム入っていて350円です。車内販売を実施する「スーパー北斗」、「北斗」で販売します。北海道新幹線H5系をモチーフとした「北海道新幹線弁当」を販売します。1300円で、札幌駅立売商会が製造・販売するため、上りの車内販売を実施する「スーパー北斗」、「北斗」のみで販売します。おやつとしては夕張メロンを使った「夕張メロンゼリー」を販売します。「一口ゼリー」が540円、ボリュームの大きな「エスト」が650円です。車内販売を実施する「スーパー北斗」、「北斗」、「スーパーおおぞら」で販売します。3つとも、3月1日から通年での販売です。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160219-1.pdf)

|

« 「湖西ルート」、「若狭ルート」落選 | Main | 東京のタクシー、7月から初乗り値下げの社会実験 »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63237387

Listed below are links to weblogs that reference 「かなやのかにめし」北海道新幹線バージョン発売:

« 「湖西ルート」、「若狭ルート」落選 | Main | 東京のタクシー、7月から初乗り値下げの社会実験 »