« 「飯田線秘境駅号」、人気で運転日数増加 | Main | 1日羽田便3往復しかない白浜空港に国際線ターミナルビル »

「フルーティアふくしま」がカクテルバーに

 間もなく運行開始から1年を迎える、JR東日本の観光列車「フルーティア」。すでに発売が終了し、これから乗車することはできませんが、こういうものが企画されています。

 「フルーティア」は通常、磐越西線郡山-会津若松間を休日に1日2往復します。ところが、「『福が満開、福のしま。』福島県観光キャンペーン」(2016年4~6月)が行われている4月23日に郡山発会津若松行きの1本だけ運行されるのは、「カクテルバートレイン」。スイーツではなく、カクテルを楽しむ列車です。カクテルは裏磐梯のリゾートホテル、ホテルグランデコのバーデンダーがつくるもの。車内でカクテル2種類、フルーツビール1本(330ミリリットル)、洋風おつまみが楽しめます。ソフトドリンクは水だけですので御注意ください。なお、カフェカウンターでは福島県内のお菓子やアルコールなどを購入することができます。

 当日のダイヤは郡山17:16ごろ発、会津若松19:30ごろ着、料金は9500円です。1人からでも申込はできますが、子供の設定はありません。
(参考:JR東日本仙台支社ホームページ http://jr-sendai.com/train/fruitea/、http://jr-sendai.com/upload-images/2016/03/fruitea20160318.pdf)

|

« 「飯田線秘境駅号」、人気で運転日数増加 | Main | 1日羽田便3往復しかない白浜空港に国際線ターミナルビル »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63271988

Listed below are links to weblogs that reference 「フルーティアふくしま」がカクテルバーに:

« 「飯田線秘境駅号」、人気で運転日数増加 | Main | 1日羽田便3往復しかない白浜空港に国際線ターミナルビル »