« 富山市、路面電車の不二越・上滝線乗り入れに否定的な見解 | Main | 気仙沼市も気仙沼線の鉄路復旧を断念 »

EF510はJR貨物へ、ブルートレインは南アフリカへ

 JR東日本は夜行列車牽引用としてEF510を投入しましたが、肝心の夜行列車は3月26日のダイヤ改正で廃止されてしまいました。

 出番が減ったEF510をJR貨物に譲渡するという動きは前からありましたが、ついに残った2両もJR貨物に譲渡されることになりました。最後に譲渡されるEF510の509号機と510号機はともに「カシオペア」カラー、銀色の車体です。最後の「カシオペア」が上野に着いたのは3月21日、それから10日後の31日、これまで過ごしてきた田端運転所を後にし、JR貨物の富山機関区に転属されることとなったのです(4月3日に1両が富山機関区に到着し、5月中にもう1両が到着する予定です)。EF510が初めて田端運転所に配置されたのは2009年12月、それから6年余りでJR東日本からEF510が消えることになりました。なお、JR貨物でも、元「北斗星」用の青色のものは青色のまま、元「カシオペア」用の銀色のものは銀色のまま走るようです。

 そして、ブルートレインの客車にも動きがあったことが判明しました。青森車両センターにあった24系の客車27両(電源車を含みます)が2015年11月に秋田から南アフリカに輸送されました。南アフリカと言えば、「ブルートレイン」の発祥の地。その南アフリカに、日本のブルートレインが行くのであれば、それは光栄なこととも言えます。

(追記)
 ところが、このブルートレイン車両、2016年3月になっても秋田港に置かれたままになっています。このブルートレイン車両はコンゴ民主共和国行きらしいですが、海外への輸送時期は決まっていないのが現状のようです。
(参考:railf.jp http://railf.jp/news/2016/04/01/150000.html、「鉄道ジャーナル」2016年3月号 鉄道ジャーナル社、Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-00049760-kitanihon-l16、「鉄道ファン」2016年6月号 交友社)

|

« 富山市、路面電車の不二越・上滝線乗り入れに否定的な見解 | Main | 気仙沼市も気仙沼線の鉄路復旧を断念 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

JR貨物」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference EF510はJR貨物へ、ブルートレインは南アフリカへ:

« 富山市、路面電車の不二越・上滝線乗り入れに否定的な見解 | Main | 気仙沼市も気仙沼線の鉄路復旧を断念 »