« 大阪市交通局、「利用額割引プレミアム」開始&御堂筋線の駅にBGM | Main | 中央道で登坂車線を追い越し車線に »

加太線に「めでたいでんしゃ」、高師浜線に工場夜景のラッピング車

 南海は2014年11月から加太観光協会及び磯の浦観光協会と共同で、加太線沿線の魅力を発信するプロジェクト、「加太さかな線プロジェクト」に取り組んでいます。これまでもいろいろなイベントを行ってきましたが、このたび加太線に観光列車を走らせることにしました。「加太さかな線プロジェクト」初の取り組みです。

 この観光列車の名前は「めでたいでんしゃ」、加太線用のワンマン車両(7100系2両1編成)の内外装に鯛などの装飾を施したものです。加太を代表する海の幸、鯛と淡島神社の縁結びをイメージした、乗るだけでおめでたい気分になる(「おめでたい」)、ずっと乗っていたくなる(「愛でたい」)電車です。外装は加太の鯛をイメージしたうろこ柄をシンプルに表現しています。内装は魚が車内を泳ぐイメージを表現しています。床が木目調なので、優しさと温かみを感じる車内です。車内のドア横には、淡嶋神社で祈祷を受ける予定の、加太の鯛と淡嶋神社のひな人形をイメージした木彫りの飾りを1個ずつ置きます。鯛は和歌山市側の車両に、ひな人形は加太側の車両に設置します。吊革は木の素材でできた魚型、座席シートは鯛の模様を散りばめています。ロールスクリーンも魚を獲る網をイメージしたものです。入口の床には魚が泳いでいるように見えます。おまけとして、各車両に1つハート形の吊革が、外装や座席シートの鯛模様の中にハートのうろこがあります。内外装ともに鯛がメインなので、赤が目立ちます。

 「めでたいでんしゃ」の運行開始日は4月29日、運行開始日などには南海のみならず、加太線沿線でも様々なイベントが行われます。基本的には加太線を走りますが、和歌山港線や多奈川線を走ることもあります。休日の運行ダイヤは決まっていますが(加太線を7往復します)、平日は決まっていません。

 話は変わりまして、同じ南海でも高師浜線。羽衣から分岐する長さ1.5キロの支線です。2両編成で1日65.5往復走ります(平日の場合)。高師浜線の沿線は堺泉北臨海工業地帯。関西屈指の工場夜景と言われています。そこで高石市は南海の協力を得て、秋に工場夜景を車体にラッピングした電車を走らせます。高石市はそのための費用として、2015年度補正予算案に604万円を計上しています。
(参考:南海ホームページ http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/160225.pdf、http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/160414_2.pdf、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASJ2K439FJ2KPPTB002.html)

|

« 大阪市交通局、「利用額割引プレミアム」開始&御堂筋線の駅にBGM | Main | 中央道で登坂車線を追い越し車線に »

鉄道」カテゴリの記事

南海・泉北」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 加太線に「めでたいでんしゃ」、高師浜線に工場夜景のラッピング車:

» 【南海電鉄】加太線「めでたいでんしゃ」の運行概要が発表。土休日は固定ダイヤで運行 [阪和線の沿線から]
こちらのエントリーでご紹介したように、南海電鉄では加太線に観光列車「めでたいでんしゃ」を運行することを発表していますが、この度「めでたいでんしゃ」運行初日となる4月29日 ... [Read More]

Tracked on 2016.04.25 10:27 PM

« 大阪市交通局、「利用額割引プレミアム」開始&御堂筋線の駅にBGM | Main | 中央道で登坂車線を追い越し車線に »