« マレー鉄道のシンガポール乗り入れ、2015年6月で終了していた | Main | 四日市あすなろう鉄道、2015年度は黒字だった »

三重交通、京都-伊賀間、津-伊勢間に高速バス

 三重交通の高速バスについて話を2つ。

 まず3月1日に開設されたのが、京都と伊賀を結ぶ伊賀京都高速線(京都東インターチェンジ-甲南インターチェンジ間は高速道路を使用します)。京都駅八条口-三交上野車庫間を1日2往復します。トイレつきの大型特急バスを使います。定員は補助席を含めて51人です。ダイヤは京都駅八条口発が10:00と19:00、三交上野車庫発が7:10と15:50です。京都駅八条口-上野市駅間の所要時間は約1時間30分です。京都側は京都駅八条口のほか、五条京阪に、伊賀側が三交上野車庫のほか、桑町、銀座4丁目、上野市駅に停まります。全便予約指定制で、運賃は片道1800円です。京都側のみ、伊賀側のみの乗車はできません。直通の公共交通機関がなかっただけに、面白いルートです。

 そしてもうひとつは、以前にも取り上げた津伊勢空港連絡線。3月3日に開設されました。中部空港への高速船が発着する津なぎさまちと伊勢神宮を結ぶ路線です。基本的には国道23号線を経由しますが、朝一番の津行きは通勤ラッシュを避けるためか、伊勢道(津インターチェンジ-伊勢西インターチェンジ間)を経由します。国道経由だと津なぎさまち-伊勢市駅前間は40.0キロですが、伊勢道経由だと61.4キロもします。津なぎさまち行きは4本(うち2本は内宮前始発)、伊勢市駅前行きは5本(うち2本は伊勢市駅前経由内宮前行き)です。伊勢市の協力により、伊勢をイメージしたラッピングバスを使います。トイレはなく、定員は補助席を含めて54人です。津なぎさまち-伊勢市駅前間の所要時間は約1時間10分です(伊勢道経由は1時間20分)。全ての便で高速船との接続が取られています。伊勢側は伊勢市駅前、外宮前、内宮前に停まります。予約は不要で(高速船は必要です)、大人片道1500円です。高速船乗車券とのセット券もあり、バラバラで買うと3970円のところ、約19%引きの3200円となります。中部空港や特急バス車内などで発売しています。

(追記)
 津伊勢空港連絡線は2017年10月1日にダイヤ改正を行いました。鳥羽バスセンター(鳥羽駅徒歩1分)まで延伸されましたが、これまでの4往復から2往復に減っています。ちなみに、津なぎさまち-鳥羽バスセンター間の片道運賃は1900円、中部国際空港-鳥羽バスセンター間の「連絡きっぷ」は3500円です。
(参考:三重交通ホームページ http://www.sanco.co.jp/other/release160216_1.pdf、http://www.sanco.co.jp/other/release160216_2.pdf、http://www.sanco.co.jp/other/release170905_2.pdf)

|

« マレー鉄道のシンガポール乗り入れ、2015年6月で終了していた | Main | 四日市あすなろう鉄道、2015年度は黒字だった »

バス」カテゴリの記事

Comments

ようやく新名神の途中のインターを活用するルートが出来ましたね。土休日はもくもくファームに立ち寄ってくれたら良いのに、と思います。
帝産湖南交通あたりが京都駅と信楽や水口を結ぶ高速バス路線を作ったら良いのに、とずっと思っていますが、信楽高原鉄道のしがらみがあるんでしょうね、たぶん

Posted by: Kinoppi | 2016.05.06 11:21 PM

 Kinoppiさん、おはようございます。

* 土休日はもくもくファームに

 ここは公共交通が不便なところですので、高速バスや路線バスによる整備を望みたいところです。

* 帝産湖南交通あたりが京都駅と信楽や水口を結ぶ

 信楽あたりは高速バスがあってもよいでしょうが、なぜかできません。

Posted by: たべちゃん | 2016.05.07 07:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三重交通、京都-伊賀間、津-伊勢間に高速バス:

« マレー鉄道のシンガポール乗り入れ、2015年6月で終了していた | Main | 四日市あすなろう鉄道、2015年度は黒字だった »