« とさでん交通、はりまや橋で乗り換えると期間限定で200円引き | Main | 秩父鉄道のSL、西武秩父に乗り入れ »

リニア、新大阪までの全線開業前倒しへ

 JR東海はリニアについて、2027年に品川-名古屋間を開業させ、2045年になってようやく名古屋-新大阪間を開業させる予定です。(航空機からの移転が望めない)中途半端な名古屋でいったん区切るのは、国の資金に頼らずに建設する考えであるからです。品川-名古屋間の事業費は5.5兆円、名古屋でいったん区切れば、JR東海の長期債務は5兆円以下に抑えられます。そのため、名古屋暫定から8年の間は新大阪への延伸工事をせず、借金の返済に専念する計画でした。

 ところが政府はリニアの全線開業を進めるため、財政投融資を使った低利融資を検討しています。JR東海に低利で貸し付けることによって新大阪への延伸工事をできるだけ早くさせ、早期の全線開業につなげたいとしています。国債の発行に伴う金利と、JR東海の発行する社債の金利の差は、0.08%(JR東海が4月に発行した20年物の社債と比較しています)。年間数十億円、金利負担を減らすことができます。最大で(JR東海が借金の返済に専念する予定だった)8年、全線開業時期が早まるのです。

 リニアの新大阪全線開業が遅いことが問題を引き起こしています。一番大きいのが北陸新幹線敦賀以西のルートの問題です。2045年にならないとリニアが全線開業しないから、長期間同じフル規格新幹線同士であるにもかかわらず乗り換えがある「米原ルート」は論外になってしまうのです。リニアが全線開業するのを待つ間に、北陸新幹線は新大阪までできてしまうのです。もちろん、リニアができるからと言って、「米原ルート」にできるわけではありません。システムの問題、収益の配分などがあり、一筋縄では行かないことは事実です。ただ、リニアの全線開業が早まるのであれば、最大の障害が除かれることは間違いないでしょう。

 一番いいのは、名古屋暫定開業が少々遅れても、JR東海が財政投融資を受け入れ、新大阪までの同時開業を果たすことです。名古屋での乗り換えも簡素化でき、コストダウンを果たせます。

(追記)
 リニアへの国の融資は3兆円以上に上るようです。融資の名目は新大阪への全線開業前倒しですが、JR東海はそれを品川-名古屋間の整備に充てる方針です。
(参考:朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASJ5T7WN9J5TULFA02R.html、朝日新聞5月27日朝刊 中部14版、東京新聞ホームページ http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201606/CK2016060202000129.html)

|

« とさでん交通、はりまや橋で乗り換えると期間限定で200円引き | Main | 秩父鉄道のSL、西武秩父に乗り入れ »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

>ところが政府はリニアの全線開業を進めるため、財政投融資を使った低利融資を検討しています。

JRも受け入れる方針のようです。
それにしても、橋下・大阪前市長が在任中は頑なに拒否していた東海が、彼が退任した後はすんなり受入れるとはどういうことでしょうか?
結局、彼は高圧的な物言いで、JR東海の態度を硬化させ、関係をギクシャクさせただけでした。

>名古屋暫定開業が少々遅れても、

名古屋暫定開業でも、全くメリットがないわけではありません。
最混雑区間の名古屋-東京間の旅客がリニアに移転することで、ダイヤにある程度の余裕ができます。
「のぞみ」の毎時最大運転本数も1本減らしてもよいし、車両の分割併合導入で山陽区間では適正な輸送力にするくらいの余裕はできます。

>名古屋での乗り換えも簡素化でき、

JR東海自身も、名古屋開業の段階では、関西方面からの利用者がリニアに乗換えることは想定していないと思われます。
名古屋で乗換を強要されるといった懸念は余り考えなくていいでしょう。

Posted by: かにうさぎ | 2016.05.28 at 12:12 PM

 かにうさぎさん、こんにちは。

* JRも受け入れる方針のようです。

 JR東海もリニアを全線開業させたほうが良いことには違いないのですから、水面下で交渉をやっていた(やっている)のでしょう。

* 名古屋暫定開業でも、全くメリットが

* JR東海自身も、名古屋開業の段階では、

 JR東海は矛盾を抱えています。収益を上げるためには名古屋で乗り換えさせてリニアに乗せたいところですが、それをすると航空機に逃げてしまう危険性もあります。

 懸念はし続けておいたほうが良いでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2016.05.28 at 04:25 PM

かにうさぎさんは、いちいち政治を無理矢理持ち込んでくるので不愉快になりますね。
典型的なアンチ理論で参考にもなりません。

>> 車両の分割併合導入で山陽区間では適正な輸送力にするくらいの余裕はできます。
車種統一で障害時の混乱を避けているJR東海がこんなことするでしょうか。

Posted by: 誰か | 2016.05.31 at 09:22 PM

 誰かさん、こんばんは。

* 車種統一で障害時の混乱を避けている

 リニアが全線開業して東海道新幹線区間ですらガラガラになったらともかく、そうでない限りは期待できないでしょう。山陽新幹線は他社の区間ですから。

Posted by: たべちゃん | 2016.05.31 at 09:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63688520

Listed below are links to weblogs that reference リニア、新大阪までの全線開業前倒しへ:

» 【JR東海】リニア全線開業8年程度前倒しを... [かにうさぎの部屋]
政府とJR東海の間で、リニア中央新幹線の開業時期を最大8年程度前倒しする方向で調整を進めていることが明らかになった。現状、リニアは、品川-名古屋間が2027年、新大阪までの延... [Read More]

Tracked on 2016.05.28 at 11:49 AM

» 【北陸新幹線】米原ルート復権か? [かにうさぎの部屋]
リニアの前倒しが検討されていることを受けて、北陸新幹線・敦賀以西ルートも見直しが必要になっている。JR東海は、リニア全線開業前では、東海道新幹線に余裕がないため、米原・... [Read More]

Tracked on 2016.05.28 at 11:50 AM

« とさでん交通、はりまや橋で乗り換えると期間限定で200円引き | Main | 秩父鉄道のSL、西武秩父に乗り入れ »