« 2016年夏の臨時列車 | Main | 電車で同窓会 »

北海道新幹線、札幌延伸時は別車両

 気の早い話ですが、北海道新幹線が札幌まで全線開業したときの車両の話です。

 JR東日本及びJR北海道は、2030年度の北海道新幹線札幌延伸時の車両として、新型車両を導入しようと考えています。その理由は寒冷地対策。現在のE5系、H5系は氷点下20度程度まで耐えることができる構造で、東北や道南の寒さには耐えることができますが、延伸する新函館北斗-札幌間、特に後志管内は道南に比べて寒さや積雪が厳しく、より寒冷地対策を強化した車両が必要だからです。

 北海道新幹線が札幌まで延伸するのは2030年度。今から15年後です。新幹線の耐用年数が15年程度であることを考えると、新型車両を導入するにはちょうどいい時期です。もっとも、新型車両を導入したからと言って、旧型のE5系、H5系が完全に消えるわけではありません。今もE2系が盛岡以南で走っているように、E5系、H5系が新函館北斗以南で走るということはあり得ます。北海道新幹線札幌延伸に伴い、東京-新函館北斗間の列車は札幌まで延伸されるでしょうが、早朝や深夜には東京-新函館北斗間の区間列車ができることでしょう。
(参考:北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0272627.html)

|

« 2016年夏の臨時列車 | Main | 電車で同窓会 »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北海道新幹線、札幌延伸時は別車両:

« 2016年夏の臨時列車 | Main | 電車で同窓会 »