« 都電、7000形を大幅リニューアル | Main | いわき-富岡間にバス運行へ »

レストラン付きのバス

 車内に飲食設備を設け、予約した乗客に食べさせる観光列車は、最近よく見られます(その例は「西武 旅するレストラン 52席の至福」。6月下旬までの昼のコースはすでに埋まっているとのことです)。

 4月30日に新潟市内で走り始めたバスは、日本初のレストラン付きバス。ウィラー・アラウアンスの子会社と、ブランドコンサルティングなどを手掛けるumariが開発しました。食文化を通じた地域創生を目指す一般社団法人ピースキッチン新潟がその両者と協力して7月末まで運営します(8月以降は全国でも運行する予定です)。今のところ1台しかありませんが、ウィラー・アライアンスには同種のバスが7台ありますので、改造して増やすこともできます。

 レストラン付きバスは、特殊な車体のバス。開閉式の天井を備えた2階建てのバスを使います。2階には25席ありますが(2人席が11卓、1人席が3卓)、天井は透明かつ開閉式になっています。バスの高さは3.78メートルと高く、トラックを見下ろすことができます。1階には電気調理器、オーブントースター、電子レンジ、炊飯ジャー、冷凍冷蔵庫などがあるキッチンがあり(すべて電気を使用する調理機器で、ガスや火を使いません)、外から調理の様子を見ることもできます。

 レストラン付きバスは毎週土曜日に運行しています。ランチとディナーがあり、合わせて酒蔵見学や収穫体験などもできます。値段は10800円からです。日曜日にもプランを追加する予定で、平日には貸し切り運行も行います。シェフ付きで35万円です。

(追記)
 レストラン付きのバスは8月に2週間限定で、東京での運行を行います。銀座(休日は豊洲)、お台場、レインボーブリッジ、東京タワーを通ります。新潟県産の枝豆、佐渡の黒豚を使用したハンバーグなどが提供されます。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160426-OYT1T50099.html、産経フォト http://www.sankei.com/photo/story/news/160422/sty1604220021-n1.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXMZO00105710W6A420C1I00000/、東洋経済ONLINE http://toyokeizai.net/articles/-/109633、乗りものニュース http://trafficnews.jp/post/54570/)

|

« 都電、7000形を大幅リニューアル | Main | いわき-富岡間にバス運行へ »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レストラン付きのバス:

« 都電、7000形を大幅リニューアル | Main | いわき-富岡間にバス運行へ »