« 旧型客車で横浜から郡山へ | Main | 東淀川駅改良により、駅周辺の「開かずの踏切」を廃止 »

早くも廃止惜別効果? 留萌-増毛間輸送密度72%アップ

 JR北海道は5月9日、2015年度決算を発表しました。営業収益は鉄道運輸収入が快速「エアポート」の利用者増などで、近距離収入が増えました。またインバウンドによる増収もありました。しかし、安全基盤の強化に向けた修繕を継続して実施したことや車両の更新などによる減価償却費が増加し、これに新幹線の開業準備費用が加わり、営業費用は大幅に増加しました。これにより、本業の経営成績を表す営業利益は大幅に悪化しました。安全投資や修繕を行うために必要な資金を確保するため、含み益のある株式等を売却するとともに子会社に配当を求めましたが、結果として経常利益は4期ぶりの経常赤字となってしまいました。しかも、この厳しい状況は2016年度も続くようです。

 さて、この決算の終わりのほうに、2015年度の各路線の利用状況についての記述があります。全般的にみると利用は伸びています。対前年比で2%増えています。目立つのは、12月4日で廃止される留萌線留萌-増毛間。土砂崩壊の恐れが続くことで運休している期間を除いた、2015年5月から2016年1月までのデータですが、輸送密度が対前年比72%増の67人となっています。早くも廃止惜別効果が出ているようです。根元の留萌線深川-留萌間も輸送密度が増え、対前年比7%増の183人です。もっとも、新幹線開業により在来線としての営業を終了したり、第三セクターに移管されたりした海峡線、江差線は輸送密度がそれぞれ対前年比で4%、6%減少しています(海峡線は3月21日まで、江差線は3月25日までの数字)。一部区間が災害で運休中の日高線の輸送密度は、代行バスも加えて185人となっています。ちなみに、北海道新幹線については、2015年度の末の6日間しか営業していないためか、輸送密度等は発表されていません。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160509-3.pdf)

|

« 旧型客車で横浜から郡山へ | Main | 東淀川駅改良により、駅周辺の「開かずの踏切」を廃止 »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63605995

Listed below are links to weblogs that reference 早くも廃止惜別効果? 留萌-増毛間輸送密度72%アップ:

» 【JR北海道】平成27年度決算を発表。厳しい経営状況が続くも輸送密度が増加した閑散路線・区間も [阪和線の沿線から]
JR北海道では、この度平成27年度決算を発表しました。 平成27年度決算について(JR北海道|プレスリリース) 上記発表資料によれば、対前年でみると営業収益は増加したものの、営 ...... [Read More]

Tracked on 2016.05.11 at 11:47 PM

« 旧型客車で横浜から郡山へ | Main | 東淀川駅改良により、駅周辺の「開かずの踏切」を廃止 »