« 札幌市営地下鉄南北線に新駅構想 | Main | 京都鉄道博物館、一日乗車券等で割引 »

原宿に新駅舎建設で今の駅舎は?

 山手線の原宿駅駅舎は、大正時代に建てられたもの。駅自体は1906年に開業しましたが、1920年に創建された明治神宮参拝者の便を図るため、1924年に現在の西洋風の駅舎ができました。骨組みを露出させた、「ハーフティンバー」と言われる建築様式です。以来、この駅舎は多くの人に親しまれています。

 ところが、JR東日本はその原宿駅駅舎を新しいものにする方針です。2020年の利用開始を目指しています。というのも、原宿の1日平均乗車人数は約7万人、明治神宮の参拝者や若者、外国人観光者の利用が多く、あまりにも混雑するため入場を規制することもあるほどです。それに加えて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで原宿は国立代々木競技場に近いことから、さらに多くの人に利用されると考えられています。

 新しい駅舎は、現在の駅舎の南側に、線路をまたぐかたちでつくられます。現行の駅舎は使われなくなりますが、それを取り壊すか保存するかはまだ決まっていないようです。

(追記)
 6月8日、JR東日本から原宿の改良についての発表がありました。

 それによりますと、年始のみ使用している臨時ホームを外回り専用のホームにします。駅舎は線路及びホーム上に2階建てのものをつくります。プレスリリースに出ているイメージによれば、近代的なものになるようです。

 このほか、信濃町、千駄ケ谷の両駅も改良されます。ホームドアが設置されるほか、千駄ケ谷は、現在使用していない臨時ホームを新宿方面専用ホームとします。これら3駅の改良にかかる工事費の総額は約250億円です。
(参考:産経ニュース http://www.sankei.com/life/news/160605/lif1606050033-n1.html、東京新聞ホームページ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016060690135527.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ06IMI_W6A600C1TI5000/、JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160605.pdf)

|

« 札幌市営地下鉄南北線に新駅構想 | Main | 京都鉄道博物館、一日乗車券等で割引 »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63741201

Listed below are links to weblogs that reference 原宿に新駅舎建設で今の駅舎は?:

» JR東日本、千駄ケ谷駅・信濃町駅・原宿駅の改良工事計画を公表 [kqtrain.net(京浜急行)]
 駅改良の工事計画について [PDF/595KB]|プレスリリース:JR東日本 [Read More]

Tracked on 2016.06.11 at 11:11 PM

« 札幌市営地下鉄南北線に新駅構想 | Main | 京都鉄道博物館、一日乗車券等で割引 »