« 東海道・山陽新幹線、次期車両はN700S | Main | 佐世保線フリーゲージトレイン、まったく採算取れず »

鉄道ファンの宮崎県職員、宮崎への新幹線ルートを考える

 以前、大分や宮崎に行く東九州新幹線についての記事を書きましたが、その続報です。

 鉄道ファンは宮崎県庁にもいるようです。その宮崎県庁内の職員10人で「新幹線自主研究会」をつくり、3つの宮崎への新幹線のルートを考えました。一つ目は、久留米で九州新幹線から分岐し、日田、大分、宮崎、鹿児島と結ぶルート(整備費用1兆9100億円)。二つ目は、熊本から高千穂を経由して延岡、宮崎と結ぶルート(9250億円)。そして最後の三つ目は、新八代から人吉、西都を経て宮崎と結ぶルート(6240億円)です。

 高速鉄道が整備されるのは喜ばしいことですが、需要は少なくて宮崎は厳しいでしょう。大分までなら需要があるので、フル規格新幹線の整備が望ましいです。常識的に考えたら日豊線沿いにできるでしょうが、そのときの問題は分岐点がJR西日本の山陽新幹線小倉付近になること。博多-大分間の新幹線がJR西日本を通ることとなり、JR西日本に利益が流出してしまいます。「米原ルート」と同じような問題が起こってしまうのです。ところが、「新幹線自主研究会」の案では、久大線沿いを通ります。これならJR九州で完結するのです。並行在来線の問題も日豊線より久大線のほうが利用者が少ないので、問題は小さいでしょう。ただ、日豊線には中津などの都市がありますので(別府は新幹線を経由させて対応?)、新幹線が開通しても1時間に1本程度は「ソニック」を走らせ続ける必要があるでしょう。
(参考:読売プレミアム http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20160529-118-OYT1T50014、stacknews http://stacknews.net/news/www.yomiuri.co.jp/economy/20160529-OYT1T50014.html)

|

« 東海道・山陽新幹線、次期車両はN700S | Main | 佐世保線フリーゲージトレイン、まったく採算取れず »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63762856

Listed below are links to weblogs that reference 鉄道ファンの宮崎県職員、宮崎への新幹線ルートを考える:

« 東海道・山陽新幹線、次期車両はN700S | Main | 佐世保線フリーゲージトレイン、まったく採算取れず »