« 伊勢車両区、3月末に廃止していた | Main | 羽田空港と都心の間を船で(0) »

西武から東京メトロ、東急に座席指定列車、2017年春から

 西武は2017年春から、ロングシートにもクロスシートにもなるものもある新型通勤車両40000系(40000系のうち何編成がロングシートにもクロスシートにもなるのかは決まっていません。また、ロングシートにもクロスシートにもなる車両にはトイレも設置されます)を使って、東京メトロや東急などに直通する有料の座席指定列車を導入します。首都圏等に相次ぐ有料の座席指定列車の誕生です。

 行先は平日と休日で異なります。平日は西武鉄道池袋線から東京メトロ有楽町線へ、休日は西武鉄道西武秩父線-東京メトロ副都心線-東急東横線-横浜高速みなとみらい線に直通します。平日の通勤や通学に、休日のお出かけに使えるもので、早くも横浜への直通有料列車が実現することになりました。東急にとっても初めての有料の座席指定列車なのです。

 ただ、詳細な運行時刻、停車駅、料金等は未定(平日はラッシュ時の運行を考えているようですが、朝なのか、夕方なのか、あるいはその両方なのか決まっていません)で、今後の発表が待たれるところです。大体、休日に走る西武秩父線は現在10両編成の列車がなく、西武秩父を除き10両に対応したホームはありません。どうやって解決するのかも関心が持たれます。
(参考:西武ホームページ http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2016/__icsFiles/afieldfile/2016/06/16/20160616_zasekisiteisouchoku_1.pdf、東洋経済ONLINE http://toyokeizai.net/articles/-/123135)

|

« 伊勢車両区、3月末に廃止していた | Main | 羽田空港と都心の間を船で(0) »

東京地下鉄・都営地下鉄」カテゴリの記事

東急」カテゴリの記事

西武」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

首都圏私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63788301

Listed below are links to weblogs that reference 西武から東京メトロ、東急に座席指定列車、2017年春から:

» 【西武鉄道他】西武40000系を使用した座席指定制の直通列車を導入。平日は有楽町線、土休日は東急東横線・みなとみらい線方面へ [阪和線の沿線から]
昨年8月にこちらのエントリーで西武鉄道の新型車両40000系のご紹介をした際、一部編成ではロング・クロス転換車両を導入することから、特急政策を含めた何らかの着席サービスの変化 ... [Read More]

Tracked on 2016.06.17 at 11:19 PM

» 西武・東京メトロ・東急・横浜高速鉄道、2017(平成29)年春より有料の座席指定制直通列車導入を発表 [kqtrain.net(京浜急行)]
 2017年春 座席指定制の直通列車を導入します! 西武線〜東京メトロ線〜東急線〜みなとみらい線にゆったり座れる座席指定制の直通列車を運行 |東急線沿線ニュース|東急電鉄  2017年春 座席指定制の直通列車を導入します!(PDF)|ニュースリリース:西武鉄道Webサイト  2017年春 座席指定制の直通列車を導入します(PDF)|横浜高速鉄道株式会社|お知らせ|みなとみらい線  〜お出かけや都心への通勤・通学がますます便利に!〜2017年春 座席指定制の直通列車を導入します!西武線〜東京メト... [Read More]

Tracked on 2016.06.18 at 11:37 AM

» 【西武鉄道】有料座席指定列車運行開始 [かにうさぎの部屋]
西武鉄道・東急・東京メトロ・横浜高速4社は、2017年春より、有料座席指定列車の運行を開始する。平日は、西武線・有楽町線直通運転、休日は西武線から副都心線・東急線を経由して... [Read More]

Tracked on 2016.06.19 at 05:57 PM

« 伊勢車両区、3月末に廃止していた | Main | 羽田空港と都心の間を船で(0) »