« JR北海道の「えきねっと」受け取り場所、大幅拡大へ | Main | 8月29日から9月7日まで、山線に「ニセコ」運転 »

札幌新球場構想続報

 プロ野球日本ハムが札幌市内かその近郊に新球場を建設し、本拠地を札幌ドームから移転させるという話は以前にも書きましたが、その続報です。どうやら、札幌市は日本ハムに札幌ドームから出ていかないでほしい、と考えているからです。

 札幌市の考えがトーンダウンしたのは、もし日本ハムが新球場をつくって札幌ドームから出ていった場合、札幌ドームと新球場が集客を争いながら収益を上げていくのは難しいと考えているため。秋元札幌市長も8日の記者会見で、日本ハムの札幌ドーム残留を望んでいることを明らかにしました。日本ハムの試合だけでは新球場の採算が取れず、野球以外のイベントを新球場と札幌ドームで取り合うと考えているからです。

 日本ハムは、札幌ドームの使用料が年間約13億円と高く、観客席の傾斜がきついという設備面からも不満を抱えています。日本ハムは札幌ドームから出ていきたいのですが、親会社が新球場建設に多額の費用がいることから慎重になっているのです。札幌市は新球場をつくるなら全額を日本ハム側に負担させたいとして、札幌市で負担することは考えていません。

 ある意味落ち着くところなのかもしれません。日本ハムが札幌ドームにとどまり、札幌市は日本ハムの要望を容れ、使用料の減額や球場の改良に努めるのがいい落としどころなのでしょう。

(追記)
 一時は札幌ドームに留まるとも思われましたが、新たな話が出てきました。2016年12月のことですが、新球場建設について、親会社も加わって検討を行う特別チームを設けるとの発表がありました。2018年3月までに結論を出すようです。
(参考:北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/sports/baseball/fighters/1-0295347.html、http://dd.hokkaido-np.co.jp/sports/baseball/fighters/1-0350048.html)

|

« JR北海道の「えきねっと」受け取り場所、大幅拡大へ | Main | 8月29日から9月7日まで、山線に「ニセコ」運転 »

スポーツ」カテゴリの記事

プロ野球(阪神以外)」カテゴリの記事

Comments

現実問題、札幌都市圏の人口は
ライブでドームを埋めるには少ないですし、
他の大都市からも遠征するにも離れてますから
新幹線が札幌まで開通しても状況は変わらないでしょうね

嵐やミスチルクラスなら問題ないですが

Posted by: フリーダム | 2016.09.20 at 11:13 PM

 フリーダムさん、おはようございます。

 日本ハムが新球場をつくると共倒れになりそうなので、今の球場を使い続けるほうが望ましいのでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2016.09.21 at 06:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63948889

Listed below are links to weblogs that reference 札幌新球場構想続報:

« JR北海道の「えきねっと」受け取り場所、大幅拡大へ | Main | 8月29日から9月7日まで、山線に「ニセコ」運転 »