« 只見線、JR東日本が年2億円以上の地元負担による鉄路運転再開を提案 | Main | 三江線もバス転換で運行経費大幅圧縮 »

区間短縮「オホーツク」は2往復、新車投入か?

 以前、当blogでJR北海道の特急の運行区間短縮のを書きましたが、新たな情報が入りました。その情報源は、なんと特急「オホーツク」が走る北見市のホームページです。

 2017年3月のダイヤ改正で運行区間が短縮されるのは、4往復ある「オホーツク」のうち、昼間の3~6号の2往復。旭川-網走間に短縮されます。始発と最終は札幌-網走間を走ります。

 このように運行区間を短縮するのは、車両の老朽化のため。別の車両(261系? 183系の比較的新しい車両?)を持ってくるようですが、若干のスピードアップになるようです。乗り継ぎで利便性が低下することに対しては、JR北海道から乗り継ぎ時間のロスがないかたちで運行し、料金についても今と同じようにしたいという話があるようです。旭川では「スーパーカムイ」と接続し、改札を出ない限り通しの特急料金が設定されるのでしょう。
(参考:北見市ホームページ https://www.city.kitami.lg.jp/docs/2016062100044/)

|

« 只見線、JR東日本が年2億円以上の地元負担による鉄路運転再開を提案 | Main | 三江線もバス転換で運行経費大幅圧縮 »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

>> 別の車体を持ってきて昼間の2回の運行に充て
札幌・旭川間の接続電車特急のことだと思うのですが。
旭川・網走間に261系を投入したところで路線自体に制限かかってますし、それなら新車と言うでしょう。

Posted by: 誰か | 2016.07.07 at 08:13 PM

 誰かさん、こんばんは。

* 旭川・網走間に261系を投入したところで

 いずれはディーゼル特急は261系になるのですから。どのような車両が来るかは、今後の楽しみにしておきましょう。

Posted by: たべちゃん | 2016.07.07 at 09:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63828170

Listed below are links to weblogs that reference 区間短縮「オホーツク」は2往復、新車投入か?:

» 【北見市役所】運行区間短縮となる特急「オホーツク」の概要が定例市長記者会見で明らかに [阪和線の沿線から]
こちらのエントリーの続報です。 平成29年春のダイヤ改正時にJR北海道の特急「オホーツク」(札幌〜網走)の一部列車の運転区間短縮が報じられていましたが、この度アップされた北 ... [Read More]

Tracked on 2016.07.07 at 11:58 PM

« 只見線、JR東日本が年2億円以上の地元負担による鉄路運転再開を提案 | Main | 三江線もバス転換で運行経費大幅圧縮 »