« 「納涼ビール電車」で豊橋カレーうどん | Main | 神戸市営地下鉄海岸線、開業15年で累積赤字880億円 »

銚子電鉄、C型硬券を発売

 切符の規格には4種類あります。日本ではA型(3×5.75センチ)、B型(2.5×5.75センチ)がよく使われていました。座席指定券などではD型(3×8.75センチ)も使われていましたが、残るC型はほとんど使われていませんでした。

 C型は6×5.75センチのほぼ正方形に近い形。ところが銚子電鉄はこのほど、このC型を使って、犬吠-外川間の往復乗車券を「一駅散歩往復切符」という名前で売り出しました。発売額は所定の往復運賃と同じ360円で、犬吠、外川の両駅で発売しています。

 実は、C型の切符を印刷することのできる機械はたったひとつなのです。ほかのC型印刷機は博物館の展示品となっているようです。全国で唯一C型専用印刷を有している印刷会社で印刷しています。この非常に貴重な硬券、券面には駅舎のイラストなどが描かれています。
(参考:レスポンスホームページ http://response.jp/article/2016/07/19/278698.html)

|

« 「納涼ビール電車」で豊橋カレーうどん | Main | 神戸市営地下鉄海岸線、開業15年で累積赤字880億円 »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銚子電鉄、C型硬券を発売:

« 「納涼ビール電車」で豊橋カレーうどん | Main | 神戸市営地下鉄海岸線、開業15年で累積赤字880億円 »