« 一畑電車に86年ぶり新車 | Main | 「東京シャトル」、ICカードで割引 »

道南いさりび鉄道のキハ40が山吹色に

 北海道新幹線新青森-新函館北斗間の開業により江差線はJR北海道から分離され、道南いさりび鉄道となりましたが、その車両は「ながまれ号」用の2両を除いて、JR北海道時代の塗装のまま使っていました。

 しかしこのたび、7両あったJR北海道時代の塗装のまま走っていた車両のうち、定期検査を終えた1両(キハ40-1814)が新たな塗装で走り出しました。

 新しい塗装はロゴにも使用しているオレンジ色をベースに、春から初夏に向けて沿線に一斉に咲くマリーゴールドなどの花々をイメージした、山吹色です。下のほうにはラインが引かれています。ロゴにも使われているブルーのラインです。「ながまれ号」と同じように函館山のシルエットをアクセントとしています。なお、この車両には「ながまれ号」のようにテーブルを設置することのできる仕様にはなっていません。

 この新塗装の車両は7月13日の函館18:35発上磯行きから運用を開始しました。その後は通常の定期列車と同様に運用されます。残り6両の塗装については未定ですが(定期検査に合わせて塗り替えます)、沿線や利用者に親しんでもらえるようなデザインを検討するとのことです。
(参考:道南いさりび鉄道ホームページ http://www.shr-isaribi.jp/wp-content/uploads/2016/07/NEWSRELEASE22.pdf、北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0293474.html)

|

« 一畑電車に86年ぶり新車 | Main | 「東京シャトル」、ICカードで割引 »

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63907296

Listed below are links to weblogs that reference 道南いさりび鉄道のキハ40が山吹色に:

« 一畑電車に86年ぶり新車 | Main | 「東京シャトル」、ICカードで割引 »