« 鹿用の「踏切」 | Main | リニアの延伸、8年以上は前倒しせず »

北海道新幹線、札幌駅に乗り入れても23本の削減で済む

 北海道新幹線の札幌駅をどこに置くかについては、JR北海道、鉄道建設・運輸施設整備支援機構、北海道、札幌市の4者で協議が行われています。その第2回会合が8月3日行われました。

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構などが推しているのは、現在の1番線、2番線を新幹線に転用する案。在来線ホームをつぶして新幹線をつくるので、在来線の運行に影響を与えると言われています。そこで出されたのが、札幌駅及びその近郊に引き込み線をつくるなのですが、その検討結果が報告されました。当初は普通列車など93本を削減しなければならなかったのですが、定期列車14本(主に影響を受けるのが朝夕の通勤、通学時間帯の8~9時台、16~18時台です)、臨時列車9本(「旭山動物園号」、「フラノラベンダーエクスプレス」など)の合計23本に減るのです。影響する人員も1日当たり3万人から6000人に減ります。

 ただ、JR北海道としては、(1)早朝などの混雑が増す (2)快速「エアポート」など、列車の増便が難しくなる(ところで、1番線、2番線をつぶさなければ「エアポート」の増便はできるのでしょうか?) (3)遅れが生じたときに回復しにくくなる (4)線路の工事で列車の運行に影響が出る として、否定的な見解を示しています。JR北海道はローカル輸送は当然のこと、幹線輸送も振るわないのですが、札幌近郊については訪日外国人需要で減少はしないと考えているのです。確かに需要はそれほど減らないでしょうが、ホームの数については工夫次第で何とかなるといえるレベルでしょう。

 JR北海道が推している案は、現在の札幌駅の東側に新幹線駅を置く案。現在の札幌駅と創成川の間に置きます。こちらも4者協議の中で正式に検討されます。8月中にはこのJR北海道の案について、決まっていない部分を補い、事務レベルの協議で提案します。今後は、これらの案(ほかに駅の南側に0番線を追加し、0番線、1番線を新幹線用にする案があります)について、工費や工期、利便性の面から検討を行い、9月末までに最終的な結論を出します。
(参考:北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0300539.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05615870T00C16A8L41000/、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASJ8232BHJ82IIPE001.html)

|

« 鹿用の「踏切」 | Main | リニアの延伸、8年以上は前倒しせず »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

今日の道新に3案(認可案、0番線増設、東側増設)図入りで説明ありました。
東側は絶対ダメで、ベターは0番線、最善は認可案と考えます。JR渋谷駅埼京線ホームの使い勝手の悪さ考えたら、東側増設はあり得ません。JRTTがお金出すこと踏まえると、落とし所は0番線増設ですね〜。これは僕もOKです。決着が見ものです。

Posted by: 仙台藩士 | 2016.08.07 12:04 PM

 仙台藩士さん、こんばんは。

* JR渋谷駅埼京線ホームの使い勝手の悪さ考えたら、

 確かに遠いのは不便と言えます。JRにしろ、地下鉄にしろ、乗り換えは不便になりそうなので、避けたいところです。

Posted by: たべちゃん | 2016.08.07 09:13 PM

こんなのはいかがでしょう。
① 11番線の北側に6両分の長さで構わないので12番線を設置。
② 現行、小樽方面からの函館本線の列車が8~10番線に入線する場合、北側の学園都市線の線路を横切る必要がある。ポイントの増設等で9番線までは学園都市線の線路を横切らずに入線できるようにする。
③ 1,2番線を新幹線に転用。
④ 0番線を設置。大丸直通改札を設置して誘客を図り、0番線設置による店舗の一部転用のダメージを補填する。

Posted by: はつかり | 2016.08.11 12:34 AM

 はつかりさん、おはようございます。

* こんなのはいかがでしょう。

 1、2番線を新幹線用に転用したうえで、0番線を新たにつくる意図は読めませんが、何らかのかたちで札幌駅の改良は必要でしょう。

Posted by: たべちゃん | 2016.08.11 10:32 AM

「ここで問題だ!今の北海道の惨状でどうやってJR北海道を(北壊導新幹線全通予定の)2031年まで持たせるか?」

3択・一つだけ選びなさい
答え①北壊導新幹線だけを運営する会社としてのみ存続(在来線は全て自治体に押しつけ→全廃)
答え②事実上の国家管理となり、路線を整理しつつも何とか生き残る
答え③道内の公共交通諸共消滅し、北海道は原野に還る。現実は非情である。

「おれがマルをつけたいのは答え②だが期待はできない・・・
ただでさえ少子高齢化・一極集中が指数関数曲線的に進んで札幌市にしか人が住んで無く生活も経済も成り立たない時代が目の前に迫っているのに都合よく観光需要だけで巻き返すなんて出来っこねーし、JR北海道在来線のバックボーンたる函館本線・室蘭本線が赤字の大半を垂れ流している状況で路線を整理・合理化した所で焼け石に水も良い所、むしろ他の交通に対する競争力をどうにかしない事にはジリ貧は目に見えているのに投資する金なんてねーし、国も今の様な地方切り捨て一辺倒の姿勢しか見せて無い以上万策尽きた状況から間一髪助けてくれるってわけにはいかねーぜ」

答え③
答え③
答え③

Posted by: E774系 | 2016.08.11 11:24 PM

 E774系さん、おはようございます。

* 「ここで問題だ!今の北海道の惨状でどうやって

 本来なら(1)北海道新幹線、札幌近郊、特急が多数走る主要路線はJR北海道の自助努力で経営 (2)民間では経営が厳しいが、社会的に鉄道で維持したい路線は第三セクター (3)あまりにも需要が厳しい路線はバス転換 という具合に仕分けする必要がありますが、地元にJR北海道の経営状況に関する正確な認識がないのは厳しいところです。

Posted by: たべちゃん | 2016.08.12 06:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北海道新幹線、札幌駅に乗り入れても23本の削減で済む:

« 鹿用の「踏切」 | Main | リニアの延伸、8年以上は前倒しせず »