« 北海道新幹線、札幌駅に乗り入れても23本の削減で済む | Main | 東葉高速の20周年記念きっぷは紙タイプ »

リニアの延伸、8年以上は前倒しせず

 これまでリニアの全線開業は2045年の予定でしたが、最大8年の前倒しがなされることはすでに御存じの通りです。財政投融資を使って3兆円をJR東海に貸し付けるからです。2016年度と2017年度に半分ずつ貸し付けます。返済は約30年後から10年間かけて行います。名古屋以西の環境影響評価(アセスメント)は、品川-名古屋間が開業する前の2023年度にも始めるようです。工事に取り掛かるのは4年後の2027年度のようです。

 ただ、リニアで本当に望まれるのは、名古屋でいったん区切らずに、大阪まで一気に完成させること。途中の名古屋で区切るから、話がややこしくなるのです。これについては残念ですが、JR東海の柘植社長が否定的な見解を出しています。柘植社長によれば、8年以上の短縮は難しいとのことですが、これを10年や15年とさらに前倒しさせて、同時開業をするのが望ましいのです。名古屋でリニアと新幹線は直交します。スムーズな乗り換えは期待できません。

 リニア名古屋以西での大きな問題は、奈良を通るのかそれとも京都を通るのか、ということ。これについては、従来からの計画通り奈良市付近を通ることを基本とします。リニアの特性を発揮できる直線に近いルートで、建設コストなどを抑えるという観点で決めたいとのことです。

 さて、ターミナルになる新大阪についてですが、新大阪にはもうひとつ、ターミナルができます。北陸新幹線です。リニアと北陸新幹線、どうやって新大阪のターミナルを配置するのかが課題と言えます。
(参考:京都新聞ホームページ http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20160803000141、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HXM_T00C16A8TI1000/、http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD03H2X_T00C16A8L91000/、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160802-OYT1T50028.html、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASJ843GXZJ83PLFA00G.html)

|

« 北海道新幹線、札幌駅に乗り入れても23本の削減で済む | Main | 東葉高速の20周年記念きっぷは紙タイプ »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64012492

Listed below are links to weblogs that reference リニアの延伸、8年以上は前倒しせず:

» 【リニア】全線開業8年以上の前倒し困難他 [かにうさぎの部屋]
最大8年間の前倒しが検討されているリニア中央新幹線・名古屋-新大阪間について、JR東海社長は、「これ以上の前倒しは困難」と発言、また、京都市等が求めている京都駅を経由するル... [Read More]

Tracked on 2016.08.06 at 10:47 AM

« 北海道新幹線、札幌駅に乗り入れても23本の削減で済む | Main | 東葉高速の20周年記念きっぷは紙タイプ »