« 富山の環状線、夏休み限定で増便 | Main | 「山の日」に神戸大ハイキングツアー »

西鉄、8月8日から連節バス試行

 以前、当blogでも紹介した西鉄の連節バスですが、8月8日から2台の連節バスによる試行運行を始めました。

 8月8日の時点では、天神-ウォーターフロント地区間と、博多駅-ウォーターフロント地区間の2ルートで運行を行います。ともに1日6往復です。運賃は現行の路線バスと同じく、天神-ウォーターフロント地区間が190円、博多駅-ウォーターフロント地区間が230円となります。ウォーターフロント地区ではいくつかの停留所に停まりますが、ウォーターフロント地区だけの利用はできません。

 その後、9月中旬をめどに、天神、博多駅、ウォーターフロント地区の3拠点間を循環するルートで試行運行を行います。博多港国際ターミナルを起終点とするコースで(両回り運行します)、運行時刻や運賃等については、8月8日からの2ルートでの状況等も踏まえて決定されます。

 ここで西鉄が使う連節バスについて説明しましょう。車両のシャシ部分はスウェーデンのスカニア社、ボディはオーストラリアのボルグレン社が製造したもので、全長約18メートル、幅約2.5メートル、運転士を除く定員は133人です。車両外観デザインは、黄色を基調としています。黄色は誰にでもわかりやすく、認知しやすい色とされています。西鉄は、街を明るくし、活力を与える色として黄色を選んでいます。内装のデザインは2台それぞれに違ったものにしていきます。ひとつは、明るいイメージのブルーグリーンとゴールデンイェローのシートを配置したもの、もうひとつは、上質感を演出するための赤とグレーのシートを配置したものです。天神、博多駅、博多港国際ターミナルでは後ドアでも乗降を取り扱います。その場合でも、両替やICカードのチャージ、複数人での精算、フリー乗車券は後ドアでは対応できず、前ドアで対応することになります。

 また、8月25日までは車内にガイドが1人乗車し、乗り降りの仕方や運賃の支払いかたの周知を行います。
(参考:西鉄ホームページ http://www.nishitetsu.co.jp/release/2016/16_045.pdf、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05827130Y6A800C1LX0000/)

|

« 富山の環状線、夏休み限定で増便 | Main | 「山の日」に神戸大ハイキングツアー »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西鉄、8月8日から連節バス試行:

« 富山の環状線、夏休み限定で増便 | Main | 「山の日」に神戸大ハイキングツアー »