« 今里筋線の利用者が増えている? | Main | えちぜん鉄道と福井鉄道の相互乗り入れで利用者も大幅増加 »

ICカードでJRの会社をまたがる精算ができる?

 JRのICカードはごく一部を除いて会社をまたがるかたちでの利用ができません。ところが、それができるところがあります。

 それは大垣駅。JR東海エリアの大垣駅では、JR東海エリアで完結する名古屋-大垣間や静岡-大垣間といった使いかたができます。しかし、「TOICA」が使えるのは2つ西の関ヶ原まで。それを越えて大垣-彦根間や大垣-大阪間といった利用ができません。彦根や大阪はJR西日本エリアだからです。

 ところが、大垣駅の自動精算機では、大阪などからのICカードの利用ができるのです。ICカードの利用ができるのは、大阪-米原-近江塩津間から利用した場合。自動精算機に使用したICカードを投入すると、精算できるかどうか機械が判断してくれます。

 大垣駅のこのサービスはありがたいですが、正直言って京都や大阪から大垣まで行く需要はそれほどないでしょう。圧倒的に問題なのは、東京や横浜などのJR東日本エリアから三島や沼津などのJR東海エリアまで、会社が異なるためICカードで使えないことです。以前、その問題について記事にしましたが、こちらについても大垣駅と同じように精算機で対応しています。三島、沼津、そして御殿場の3駅が精算機で対応することができます。本来なら、三島や沼津あたりまではICカードが使えるように改良しなければならないでしょう。
(参考:大垣駅の掲示、沼津駅の掲示)

|

« 今里筋線の利用者が増えている? | Main | えちぜん鉄道と福井鉄道の相互乗り入れで利用者も大幅増加 »

JR東海」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64061613

Listed below are links to weblogs that reference ICカードでJRの会社をまたがる精算ができる?:

« 今里筋線の利用者が増えている? | Main | えちぜん鉄道と福井鉄道の相互乗り入れで利用者も大幅増加 »