« 北海道新幹線、開業6か月間の実績発表 | Main | 近鉄バス等、京阪神-宮崎、鹿児島間の高速バス休止 »

東京駅でポーターサービス、銀座駅でクロークサービスを試行

 JR東日本、東京メトロはともに9月に、それぞれ東京駅でポーターサービス、銀座駅でクロークサービスを試行します。まずはJR東日本から。

 JR東日本と株式会社ジェイアール東日本物流が東京駅で試行するのは、手荷物輸送サービス(ポーターサービス)。かつてJRの主要駅には手荷物を運ぶ、「赤帽」と言われるポーターがいましたが、東京駅は2001年に廃止され、全国的にも2006年の岡山駅が最後となりました(しかし、その後2012年にヤマト運輸によって東京駅でのポーターサービスを復活させています)。9月16日から29日の8時から20時まで行います。このポーターサービスは東京駅の臨時手荷物預かりサービスを拡大したもので、丸の内南口付近(改札内)にある臨時手荷物預かり所で預かった荷物をJR東日本の新幹線ホーム等や東京駅周辺まで運びます。また、事前に電話予約することによって、新幹線北のりかえ口や銀の鈴など東京駅構内に15か所ある「待ち合わせスポット」で荷物を預かって、そのまま客と一緒に希望する場所に届ける、あるいは一時保管を行って指定した時間に届けることも行います。料金は税込1000円(預かることができるのは原則として30キロかつ3辺の合計が250センチまでのもの1個ですが、これらの重さや大きさに当てはまるもので1人で持つことができる場合、2個まで預かることができます)で、手荷物を一時保管する場合はさらに1個当たり税込600円が必要となります(当日の20時までしか預かりません)。JR東日本等はこの利用状況を検証して、今後に役立てたいとしています。

 東京メトロがヤマト運輸と共同で銀座駅で試行するのは、クロークサービス。小田急や京王では既にあるサービスですが、東京メトロでは初めてです。銀座駅四丁目交差点改札口において、9月21日から30日の10時から20時まで行います。コインロッカーに入らない荷物も預かることができ、料金は1個当たり税込み500円で、当日限り預かります。東京メトロ等もこの利用状況を検証して、今後に役立てたいとしています。

(追記)
 東京駅でのポーターサービス等は2016年12月23日(駅弁と手土産の予約と渡しは29日)から2017年1月3日にかけても行われます。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160911.pdf、http://www.jreast.co.jp/press/2016/20161216.pdf、東京メトロホームページ http://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20160920_76.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2016/09/15/281881.html、乗りものニュース http://trafficnews.jp/post/57272/、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO07643290W6A920C1L83000/)

|

« 北海道新幹線、開業6か月間の実績発表 | Main | 近鉄バス等、京阪神-宮崎、鹿児島間の高速バス休止 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

東京地下鉄・都営地下鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京駅でポーターサービス、銀座駅でクロークサービスを試行:

« 北海道新幹線、開業6か月間の実績発表 | Main | 近鉄バス等、京阪神-宮崎、鹿児島間の高速バス休止 »