« 東京メトロ銀座線、11月の週末に4日間一部区間全面運休 | Main | 地元も三江線の存続断念 »

滋賀県は「米原ルート」優位と結論

 北陸新幹線の敦賀以西のルートについては、米原で東海道新幹線に接続する「米原ルート」、小浜と京都を経由する「小浜-京都ルート」、京都府内を串刺しに通る「舞鶴ルート」の3つがあります。国交省が10月までに建設費や経済効果などの試算をまとめ、与党の検討委員会が2016年中に与党案を最終決定する方向で動いています。

 そんな中、「米原ルート」を推す滋賀県が、この3ルートについて建設費などの試算をまとめました(建設費の試算についてはすでに福井県が行っています)。3ルートの建設延長、建設期間、概算建設費、年間利用者数、総便益はそれぞれ次の通りとなっています。「米原ルート」は46.1キロ、5年、4041億円、1120万人、4935億円、「小浜-京都ルート」は130.3キロ、13年、1兆3606億円、970万人、4646億円、「舞鶴ルート」は181.8キロ、17年、1兆7375億円、800万人、1878億円です。「米原ルート」の場合、北陸-関西間のほか、北陸-中京間の利用者も使えるので、数字が良くなっています。この状況は事業の妥当性を表す費用対便益にも反映されています。「米原ルート」は1.60ですが、「小浜-京都ルート」は0.54、「舞鶴ルート」は0.18です。滋賀県の試算が正しいとした場合、「米原ルート」以外は事業として成立しません。

 とは言っても、「米原ルート」については重大な欠点があります。このままでは新大阪に直通しないのです。米原から新大阪に直通するには東海道新幹線に乗り入れないといけませんが、東海道新幹線を運営するJR東海、北陸-関西間の売り上げの一部が流出するJR西日本がともに、「米原ルート」には反対しています。こうなったら、北陸新幹線敦賀以西は「米原ルート」で決まるものの、(2037年ごろが想定される)リニア全線開業後は北陸新幹線が東海道新幹線に乗り入れる余裕が出ることが判明することによってJR東海の態度が軟化し、何らかのかたちでJR西日本の減収対応策がまとまるまで、事実上凍結するということも十分考えられます。2022年度に北陸新幹線が敦賀まで延伸しますが、そのまま20年程度敦賀での乗り換えを余儀なくされる危険性があります(そんなに長期化するのなら、高低差のある新幹線の真下ではなく、少々お金はかけてでも「サンダーバード」等を新幹線ホームに横付けしてもらいたいです)。もし、その間にフリーゲージトレインが実用化すれば(今のところ難しい話が聞こえてきますが)、JR西日本単独でできるフリーゲージトレインで完成とすることも十分に考えられます。
(参考:産経WEST http://www.sankei.com/west/news/160923/wst1609230075-n1.html、時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092300759&g=eco、京都新聞ホームページ http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20160926000161/1)

|

« 東京メトロ銀座線、11月の週末に4日間一部区間全面運休 | Main | 地元も三江線の存続断念 »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

>「小浜-京都ルート」は0.54

小浜-京都のBC係数の悪さは、京都-新大阪間の別線建設によるもので、米原ルートと同様、リニア完成後、京都-新大阪間は東海道に乗入れ、建設区間を敦賀-京都のみにすれば、BC係数はなんとか1を超えるので、ゴーサインが出せると思います。

JR西日本にとっても、旅客収入の減少が京都-大阪だけに留まるなら、米原ルートより受入れ易いでしょう。

また、ルートもなるべく旧湖西ルートに近いものにする。小浜駅まで行かずに、上中駅付近を通り、滋賀県を通過することで、なるべく最短コースに近いものにし、建設費も圧縮する。
滋賀県を避けるために、遠回りして、建設費が嵩むなら、本末転倒の話だし、滋賀県を避けても、今度は京都府が費用負担に難色を示している。
ここは地元負担の属地主義に囚われず、関西全体で負担するスキームを考えるしかない。

>JR西日本単独でできるフリーゲージトレインで完成とすることも十分に考えられます。

FGTなら、もめごともなく、万事うまく収まる策かもしれません。
ただ、FGTが完成しても、速度は在来線並、かつ重くて不経済なうえ、京都-大阪間はアーバンネットワークと線路を共用するなど、デメリットも考慮すべきでしょう。

京都-敦賀間の新幹線が開業した後も、JR西が東海道新幹線を走ることをどうしても嫌というなら、京都-大阪間はFGTで在来線を走るという選択もある。

つまり、3ルートの選択は、小浜(上中)-京都ルートで、ただし、「京都-新大阪間の建設は、FGTの開発状況やリニアの建設状況を見て判断する」との付帯条件を付け、事実上、京都開業を最終形にするのが望ましい。

Posted by: かにうさぎ | 2016.09.24 at 11:39 PM

 かにうさぎさん、こんばんは。

* 小浜-京都のBC係数の悪さは、京都-新大阪間の

 京都-新大阪間の新幹線建設は、首都圏で言えば新宿-大宮間につくるようなもので、整備新幹線のスキームでつくること自体が無茶なのでしょう。

 もっとも、北陸新幹線が京都止まりになった場合、いろいろ調整がややこしいJR東海の東海道新幹線に乗り入れず、フリーゲージトレインあるいはそこで在来線に乗り換えさせるでしょう。JR東海にややこしいものを持たせたものです。

* 小浜駅まで行かずに、上中駅付近を通り、滋賀県を通過することで、

 京都や大阪はお金をけちらずにターミナル駅に乗り入れないといけませんが、小浜は若狭のどこかに駅をつくれば十分です。

* 京都-大阪間はアーバンネットワークと線路を共用するなど、

 フリーゲージトレインは「サンダーバード」を置き換えるものですし、あるいは「はるか」と合体させるという発想もできます。北陸から国際空港への直通運転です。

Posted by: たべちゃん | 2016.09.25 at 12:07 AM

嘉田知事のままだったら、「もったいない」を掲げて米原ルートの費用対便益も0.5くらいになったんでしょうか?
一度は同意したとはいえ、費用も便益も"見直した"らやはり割に合わなかった、ということで。事後検証が為されれば「費用の水増し」や「名古屋方面への乗り入れ効果を除外」といった見直しの実態が判明するかもしれませんが。

Posted by: 日置りん | 2016.09.25 at 09:54 AM

 日置りんさん、こんにちは。

* 嘉田知事のままだったら、

 滋賀県には高速鉄道網に冷淡な人が知事であったという、政治リスクもあります。

 JR西日本が「小浜-京都ルート」を提唱したのもそういう政治リスクを恐れてのことでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2016.09.25 at 11:32 AM

>もっとも、北陸新幹線が京都止まりになった場合、いろいろ調整がややこしいJR東海の東海道新幹線に乗り入れず、フリーゲージトレインあるいはそこで在来線に乗り換えさせるでしょう。

FGTが成功すればともかく、失敗した場合は、永久に京都止りになります。
それでは、期待した経済効果がなく、BC係数が1を下回れば、京都までの建設すら中止、永久に敦賀乗換となるでしょう。

それがJR西日本に好ましいことでしょうか?

仮に、京都-大阪間の収益が東海に移転したとしても、新幹線開業による誘発効果は大きく、その程度の減収は十分カバーできるレベルでしょう。

JR西としては、減収幅の大きい米原ルートは絶対反対でも、京都以西のみに留まるなら、必ずしも反対というわけではないのでしょうか?

JR西も、最近はFGT推進に余り熱心でなくなっているようです。
敦賀開業前倒しでフル車両増備してしまうため、FGT車両導入はE7が更新を迎える2030年頃だし、リニア開業が前倒しされれば、2038年には用済みとなるからです。
もし、リニア開業後も、絶対に東海区間に乗入れないつもりなら、FGT推進を図るでしょう。

JR西としても、100%自社収入にすることに拘り、何も得られない(敦賀永久乗換)より、多少歩み寄っても、とにもかくにも新大阪までの乗入れを実現させる方が得策との判断をしてほしいものです。

>嘉田知事のままだったら、「もったいない」を掲げて米原ルートの費用対便益も0.5くらいになったんでしょうか?

意味がよくわかりませんが、嘉田知事が米原ルートに同意したのは、滋賀県の負担を大阪府等が肩代わりを提案したからです。

属地に基づく負担を原則通り負担ということなら、別に嘉田さんでなくても、私が知事でも反対すると思います。
滋賀県は通過するだけで、負担>>便益ですから、県民の税金を支出するわけにはいきません。
国全体で必要というなら、国なり受益自治体が肩代わりするのが当然です。

Posted by: かにうさぎ | 2016.09.25 at 10:16 PM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* 仮に、京都-大阪間の収益が東海に移転したとしても、

 この場合は、京都以東でその分を稼がないといけません。そもそも、リニア開業後でも技術面も含めて東海道新幹線に乗り入れられるかの保証もありません。

 不確定要素が多くて、判断は難しいところです。ある意味、「どうなっても(JR東海が拒否して)東海道新幹線に乗り入れられない」という前提を基に行動しないといけません。フリーゲージトレインを導入するかもそれを前提に動かないといけません。

* 滋賀県の負担を大阪府等が肩代わりを提案したからです。

 開業と同時に東海道新幹線に乗り入れられない限り、大阪府等にとってのメリットはありません。滋賀県が払えないなら、没になっても仕方がないです。

Posted by: たべちゃん | 2016.09.26 at 06:16 AM

国鉄が分割されてなかったら間違いなく米原ルートですよね。費用対便益も(数値の絶対値はともかく)米原ルートが最高なのは自明です。
北陸新幹線がどれほどの輸送量なのか知りませんが,そんな1時間にせいぜい3〜4本程度のイナカ新幹線のために京都〜新大阪に別線建設なんてバカげています。米原で乗換え必至でも米原ルート建設・それが不可なら敦賀から先は建設中止が最適解と思います。
敦賀以西建設中止の場合,敦賀乗換えの長期化の影響が心配されますが,今後は関西の地盤沈下進行と新幹線部分開業によって北陸地方の東京志向がますます加速しますので,実は影響は限定的かもしれません。そもそも,揉め事ばかりで今後もどうやら浮上の見込みのない関西へ新幹線をつなぐより,リニア先行開業で活気づき,まだまだ発展の余裕ある中京(米原経由)につなぐ選択のほうが将来性があるとは思いませんか。

Posted by: (yo) | 2016.09.27 at 01:43 PM

 (yo)さん、こんばんは。

* 国鉄が分割されてなかったら間違いなく米原ルートですよね。

 JR東海が絡むところによくトラブルが現れています。東海道新幹線を渡したのが諸悪の原因です。

* 米原で乗換え必至でも米原ルート建設・

 関西との直通が無理なら、敦賀での乗り換えを対面にするよう、スロープをつくったほうがよいでしょう。

* リニア先行開業で活気づき,まだまだ発展の余裕ある中京

 北陸新幹線は北陸と関西を結ぶのが目的で、名古屋は反射的な利益にすぎません。京都経由になっても文句は言えないのです。

 また、JR東日本やJR西日本にとっては、自社の走行区間が長い長野経由のほうがありがたいのです。わざわざ(JR東海を絡めることによって話を複雑にする)米原経由にする必要はないでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2016.09.27 at 10:22 PM

かにウサギのブログ見ればいい、大阪叩きばかりやってる名古屋人のサイトです。
渇れが京都止まりとか言ってるのは単に大阪が便利になるのがいやいやだからで相手してはいけません。
ちなみに与党が残してる米原案は乗り換えが前提とあるのでリニアが~と言っても無駄だし滋賀はそこに目を瞑ってますよ

Posted by: ひろ | 2016.10.13 at 07:11 PM

Yoさん、北陸新幹線の敦賀以西の整備経由の終点は大阪市です。
関西と北陸を結ぶものであり中京方面は関係有りません、与党が残してる米原ルートは乗り換えを前提とするとあるのでそれだと恒久乗り換えになって迷惑。
関西と北陸信越をつなぐ新幹線なのに関西に乗り換えて強いてまで中京とか厚かましいな。
費用も出さないのに。
中京がと言うなら基本計画に過ぎない中京北陸新幹線でやって関西は関係ないし

Posted by: ひろ | 2016.10.13 at 07:28 PM

yoさんとか分かってないなぁ
北陸新幹線の敦賀以西の整備計画の終点は大阪市であり関西と北陸をどう繋ぐかって話であり中京は関係ありませんし利便性は考慮されてません
何も揉めてませんよ、どの道今年中に西案で決まるだろう。
与党が残した米原案は乗り換え前提でありこの案だと関西と北陸は納得しません。
何で部外者の中京の為をにそこまでしないといけないの?
ましてや関西~北陸の4分の1の需要しかないのに
整備計画の終点は大阪市であって名古屋市じゃないのに自分の主張ばかりして

Posted by: ひろ | 2016.10.13 at 07:42 PM

かにうさぎはアンチ大阪のブログの管理人です相手にしてはいけません

Posted by: ひろ | 2016.10.13 at 07:44 PM

 ひろさん、こんばんは。言葉遣いは気になりますが、簡潔にコメントします。

* 京都止まりとか言ってるのは

 新大阪まで完全につくればいいことは誰もがわかっていますが、大都市圏だけに建設費が膨大になるのは頭の痛いところです。

* ちなみに与党が残してる米原案は乗り換えが前提とあるので

 しかもリニアが全線開業すれば、この問題が解決するとは限りません。JR東海が東海道新幹線への乗り入れを認めることを明言しない限り、重大な欠陥のままであり続けます。

* 北陸新幹線の敦賀以西の整備計画の終点は大阪市であり関西と北陸をどう繋ぐかって話であり中京は関係ありません

 あくまでも名古屋への利便性は反射的な利益であり、関西方面とは違ってどうしても整備しなければならないものではありません。東海地方の自治体が北陸新幹線建設に熱心なわけでもなく、名古屋方面への整備はおまけのレベルなのです。

 話は変わりますが、コメントもかなり増えてきましたので、明日の23:59で締め切りとさせていただきます。御了承ください。

Posted by: たべちゃん | 2016.10.13 at 09:54 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64246654

Listed below are links to weblogs that reference 滋賀県は「米原ルート」優位と結論:

« 東京メトロ銀座線、11月の週末に4日間一部区間全面運休 | Main | 地元も三江線の存続断念 »