« JR東日本、「北斗星」のB寝台を再利用したホステル開発 | Main | 西武40000系は中づり広告なし、トイレあり »

品川新駅の大屋根は折り紙がモチーフ

 山手線、京浜東北線の田町-品川間の品川車両基地跡地内に新駅(仮称は品川新駅)をつくることは以前に記事にしましたが、その概要が明らかになりました。

 品川新駅は田町から約1.3キロ、品川から約0.9キロのところにできます。線路別島式2面4線で、山手線と京浜東北線のみが停まります。2020年春に暫定開業し、2024年ごろの街びらきのときに本開業を行います。この品川新駅のデザインを手掛けるのが、隈研吾氏。JR東日本においても、渋谷駅や宝積寺駅等で実績があります。すでに2014年から設計作業を進めています。

 そのデザインとはどういうものでしょうか? それは、日本の魅力を発信していくことを狙ったものとなっています。駅に掛かる大屋根(約110メートル×35メートル)は、日本の伝統的な折り紙をモチーフとしています。膜や木などの素材を活用することによって障子をイメージさせ、和を感じることのできる駅にします。膜屋根をランダムに折ることによって、駅の多様な表情を出すようです。また、街との連携を図るため、駅舎東西面に大きなガラス面を設け、コンコース階には約1000平方メートルの大きな吹き抜けを設けます。駅と街との間に一体的な空間をつくることができるようです。改札内には、駅と街とが連携したイベントを行うため、約300平方メートルのスペースをつくります(このイベントスペースからは車両基地も見ることができます)。なお、駅は鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造で、地上3階、地下1階。1階がホーム、2階が改札口やイベントスペースそして店舗、3階がテラスや店舗などです。建物の高さは約30メートルにもなります。

 改札口は周辺地域からの利用も考慮して、南北2か所に設けます。各ホームにエレベータを2基設置します。24人乗りと18人乗りが1つずつです。エスカレータや改札外エレベータも設置します。トイレは南北に、多機能トイレを2つずつ設けます。省エネのために太陽光発電と小型風力発電機を置くとともに、夏場のコンコース内の温度上昇を抑えるため、屋根に日射反射率の高い膜材を使用し、放射熱による屋根下の体感温度を低下させます。大屋根には消雪用の散水機能があり、それを使って、打ち水効果で膜表面の温度を下げます。山手線、京浜東北線の両方に、可動式ホーム柵を設置します。品川新駅から300メートルほど離れたところには都営地下鉄の泉岳寺駅があり、乗り換えを円滑にするための設備を整備することを今後検討します。駅の外では2024年までに品川新駅周辺約13ヘクタールでオフィス、商業施設、マンションなどの開発を行う予定です(着手は東京オリンピック以降です)。複合ビルを7棟建てます。

(追記)
 JR東日本は品川新駅の乗車人数を1日13万人と見込んでいます。恵比寿や五反田並みの数字を見込んでいるようです。

 なお、品川新駅は地元自治体の求めに応じて設置される、請願駅ではないようです。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160903.pdf、NHKホームページ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160906/k10010672431000.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ06HIL_W6A900C1TJC000/、http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08400550U6A011C1TI5000/、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASJ9653SPJ96UTIL03L.html)

|

« JR東日本、「北斗星」のB寝台を再利用したホステル開発 | Main | 西武40000系は中づり広告なし、トイレあり »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64167755

Listed below are links to weblogs that reference 品川新駅の大屋根は折り紙がモチーフ:

» JR東日本、品川新駅(仮称)の概要・駅舎イメージ公表 [kqtrain.net(京浜急行)]
 品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)の概要について [PDF/933KB]|企業・IR・採用:JR東日本 [Read More]

Tracked on 2016.09.08 at 08:16 PM

« JR東日本、「北斗星」のB寝台を再利用したホステル開発 | Main | 西武40000系は中づり広告なし、トイレあり »