« 「秋の乗り放題パス」も北海道新幹線利用可能に | Main | 品川新駅の大屋根は折り紙がモチーフ »

JR東日本、「北斗星」のB寝台を再利用したホステル開発

 2015年3月のダイヤ改正で惜しまれつつも定期運行を終了し、8月には臨時運行も終了した「北斗星」。そのB寝台等を再利用したホステルが東京に誕生します。

 その名前は「Train Hostel 北斗星」。馬喰町にできます(馬喰町駅4番出入口直結)。7階建てのビルの6階までを改装するかたちでつくられます。ベッド数は78です。「北斗星」のB寝台や個室寝台を内装に再利用しています。寝台車を転用したホステルのため、シャワー、トイレは共同です。宿泊料金が1泊2500~4000円という訪日外国人向けのホステルで、全スタッフが英語で案内可能、ホームページは英語、韓国語、中国語にも対応、予約サイトは英語にも対応、大型スーツケース置き場の設置なども行います。12月中旬オープン予定で、運営はすでに都内で訪日外国人向けホステルを開業している株式会社R.project(本社:千葉県安房郡鋸南町)が行います。

 「北斗星」のベッドは使いませんが、低価格の宿泊施設がもうひとつできます。「神田カプセルホテル」(仮称)といい、女性専用のカプセルホテルです。神田にできます(神田駅徒歩1分)。JR東日本の所有する土地に新たにビルを建てます。カプセルは70あり、宿泊料金は中心価格帯が1泊5000円程度のものを予定しています。訪日外国人の利用も想定していて、館内サインは全て日英表記で、ピクトグラムでわかりやすく表記されています。そのほかにも、受付は英語で案内可能、ホームページや予約サイトは英語にも対応、大型スーツケース置き場の設置も行います。2017年7月オープン予定で、運営はすでに京都、仙台、成田空港等でカプセルホテルを開業している株式会社ナインアワーズ(本社:東京都港区)が行います。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160904.pdf、NHKホームページ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160907/k10010672991000.html)

|

« 「秋の乗り放題パス」も北海道新幹線利用可能に | Main | 品川新駅の大屋根は折り紙がモチーフ »

JR東日本」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64167762

Listed below are links to weblogs that reference JR東日本、「北斗星」のB寝台を再利用したホステル開発:

» 【JR東日本】訪日外国人向けの新たな宿泊施設の開発を発表。「北斗星」の実車パーツを内装に再利用したホステルも [阪和線の沿線から]
JR東日本では、急増している訪日外国人旅行者向けに、低廉な価格で気軽に長期宿泊が可能な宿泊施設を開発することを発表しました。 訪日外国人旅行者向けの新たな宿泊施設の開発に ... [Read More]

Tracked on 2016.09.07 at 08:23 PM

« 「秋の乗り放題パス」も北海道新幹線利用可能に | Main | 品川新駅の大屋根は折り紙がモチーフ »