« 南海高師浜線に工場夜景ラッピング車 | Main | ダイヤ調整で踏切の遮断時間短縮 »

信号機のない横断歩道で渡ろうとする歩行者がいても停まらない車、9割以上

 信号のない横断歩道で渡ろうとする歩行者がいた場合、車は停まって歩行者を通さないといけません。違反した者には3か月以下の懲役か5万円以下の罰金がかかります。

 しかし、JAFが8月15日から9月1日にかけて、各都道府県2か所ずつの計94か所の信号機のない横断歩道で調査したところ(片側1車線の道路、調査時間は平日の10~16時)、歩行者が渡ろうとしているときに通りかかった10026台の車両のうち、一時停止したのはたったの757台でした。パーセンテージにすると7.6%に過ぎませんでした。また、半数あまりの48か所では、停まった車が5%未満でした。多くの人が実感していることが証明されたことになります。

 事実上、歩行者が待つことによって事故を回避しています。本来なら取り締まりをして違反を防がないといけませんが、あちこちに警察官を張り付かせるわけにもいきません。ある程度需要のあるところは、予算の関係もあるでしょうが押しボタン付きの信号機を設置するなどの方法で、歩行者がいるときは強制的に停めさせるしかないでしょう。赤信号を無視するのはそういないでしょうから。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/life/atcars/news/20160926-OYT8T50142.html、Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000075-mai-soci)

|

« 南海高師浜線に工場夜景ラッピング車 | Main | ダイヤ調整で踏切の遮断時間短縮 »

道路、車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 信号機のない横断歩道で渡ろうとする歩行者がいても停まらない車、9割以上:

« 南海高師浜線に工場夜景ラッピング車 | Main | ダイヤ調整で踏切の遮断時間短縮 »