« バスは鉄道路線のショートカットに使える | Main | Peach、新千歳も拠点に »

新駅舎は筒状

 紀勢線の和佐駅は1930年12月に開業しました。日高川町唯一の駅で、1日の平均乗降客数は約150人です。

 この和佐駅ですが、木造平屋の駅舎がありました。しかも建てられてから85年が経過しているため、老朽化し、耐震性も問題となっています。1985年に無人化されたので、事務室等は要りません。

 そこで駅舎を建てなおすことになりました。10月1日から使用を始めた新しい駅舎は、筒状。地下排水溝などに使われ、軽量で丈夫な鉄製コルゲートタイプ(波形管)の下部を地面に埋めた格好になっています。高さ3メートル、奥行き3.7メートル、床面積は13平方メートル。駅舎の中には4、5人が座ることができる木製ベンチ、時刻表、運賃表、使用済み切符入れなどがあります。券売機はありません。

 なお、これまであった駅舎は解体されます。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/20161008-OYT1T50144.html、日高新報ホームページ http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2016/09/post-6105.html)

|

« バスは鉄道路線のショートカットに使える | Main | Peach、新千歳も拠点に »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64319933

Listed below are links to weblogs that reference 新駅舎は筒状:

« バスは鉄道路線のショートカットに使える | Main | Peach、新千歳も拠点に »