« 新幹線は北海道へ(7) | Main | 京急新1000形にボックスシートとコンセント »

フリーゲージトレイン走行試験を再開するかどうかはこの秋に判断

 長崎新幹線はフリーゲージトレインを導入することが前提の新幹線です。しかし、肝心要のフリーゲージトレインの技術が確立していません。フリーゲージトレインの走行試験は2014年4月から始めましたが、2014年11月下旬に部品の不具合が生じていたことが分かりました。車軸の軸受けで潤滑油の流出を防ぐ部品の一部が欠けていて、軸受けと接触する部分の車軸に摩耗がありました。高速走行の時の振動が原因の一つのようです。

 そこで開発主体の鉄道・運輸機構は、車軸と軸受けの隙間を縮小したり、軸受けの接触面を曲面にしたりするなどの方法で圧力を最大7割減少させることを検討しました。潤滑油の流出を防ぐ部品が欠けないようにするため、材質を変更し、形状の一部を変えて強度の向上を行いました。この改良された台車は5月から8月までの間、東京の鉄道総合技術研究所で試験を行いました。屋内で時速130キロから4段階にスピードを上げていき、最終段階では、営業走行時と同様の状態にするため一定の荷重をかけ、時速270キロで9000キロ分を走りました。大きなトラブルはなかったようです。

 現在はその台車を分解して、部品の摩耗状況などを調べています。耐久性や安全性の評価を行い、この秋に専門家による技術評価委員会で走行試験を行うか判断します。その条件とは、車両の検査の目安となる60万キロ程度の耐久性があるのか、車軸の摩耗の限界値や目安を定めてそれを検査するための技術や手段は確立されているのか、検査周期や維持管理費が一定の水準に収まるのか、ということで、これらについて目途が立たないと走行試験の再開ができません。

 この技術評価委員会で走行試験の再開が決まればともかく、そうでない場合は、フル規格全線整備の話が出るなど、長崎新幹線の動きが不透明となります。仮にフリーゲージトレインが成功しても、長崎新幹線は博多と長崎を結ぶものであり、山陽新幹線への直通は困難のようです。フル規格新幹線なら、九州新幹線同様、新大阪への乗り入れは問題なくできるからです。
(参考:佐賀新聞ホームページ http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/362238)

|

« 新幹線は北海道へ(7) | Main | 京急新1000形にボックスシートとコンセント »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

>これらについて目途が立たないと走行試験の再開ができません。

ここで不可の判定が出るようなら、FGT開発計画そのものの中止・撤退を検討すべきです。
いたずらに歳月と費用をかけても目途が立つとは思えません。

>長崎新幹線は博多と長崎を結ぶものであり、山陽新幹線への直通は困難のようです。

本来は山陽と直通できないのなら、FGT導入の意味がないはずです。
建設計画時のBC係数とかも、山陽直通の前提で算出されたものですから、話が違うということになります。

結局のところ、佐賀県を説得してフル規格か一部ミニ新幹線へ変更されるまで、リレー方式を続けるしかないでしょう。

Posted by: かにうさぎ | 2016.10.16 at 01:20 PM

 かにうさぎさん、こんにちは。

* ここで不可の判定が出るようなら、

 フリーゲージトレインの技術が確立するのが望ましいですが、難しいならば仕方がないでしょう。

* 本来は山陽と直通できないのなら、FGT導入の

 山陽新幹線に乗り入れる以上、時速300キロを出すことは必須条件で、それを満たさないのはあまり意味がありません。

* 結局のところ、佐賀県を説得してフル規格か

 フリーゲージトレインが実現しない場合、佐賀県を説得するか長崎県が自腹を切って将来的にフル規格新幹線にする目途が立たない限り、長崎県が折れてスーパー特急にするのがベターなところでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2016.10.16 at 02:52 PM

>長崎県が折れてスーパー特急にするのがベターなところでしょう。

スーパー特急方式に変えるのは簡単ですが、関西方面への直通は未来永劫不可になります。
やっぱりフル規格にしておけばよかったと、後で後悔しても遅いです。

佐賀県にしても、FGTでよいというのは、山陽方面への直通可能を前提にしている話で、FGTがダメあるいはできても直通できないなら、話は別です。
今でも佐賀県のHPには山陽への直通が想定されたものが掲載されています。

また、佐賀県内からもフル規格を望む声は多々あります。

フル規格の負担が大きすぎるなら、ミニ新幹線の可能性も検討すべきで、スーパー特急への変更は、慎重に判断すべきです。

Posted by: かにうさぎ | 2016.10.18 at 10:24 PM

 かにうさぎさん、こんばんは。

* スーパー特急方式に変えるのは簡単ですが、関西方面への

 確かに新大阪への直通はできませんが、佐賀県がお金を出したくないのなら、(博多-長崎間を乗り換えなしに移動することのできる)スーパー特急しか選択肢は残っていません。

* 佐賀県にしても、FGTでよいというのは、山陽方面への

 はっきり言って、フリーゲージトレインが成功しても、新大阪までの直通はできません。

 お金を出してフル規格(あるいはミニ新幹線)にするか、お金を出したくないからスーパー特急にするかの選択です。

Posted by: たべちゃん | 2016.10.18 at 10:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64319833

Listed below are links to weblogs that reference フリーゲージトレイン走行試験を再開するかどうかはこの秋に判断:

» 【FGT】今秋にも試験再開判断 [かにうさぎの部屋]
九州新幹線長崎ルートに導入予定で、部品の不具合で開発が遅れているフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)は、改良台車の回転試験が終了し、部品の分解・検査が進められて... [Read More]

Tracked on 2016.10.15 at 12:07 PM

« 新幹線は北海道へ(7) | Main | 京急新1000形にボックスシートとコンセント »