« 国境周辺の離島への運賃、JR並みに値下げ | Main | 「ノスタルジートレインで巡るこだわりのおかやま旅シリーズ」 »

つくばエクスプレス、輸送力増強で新車&ロングシート化

 秋葉原とつくばとを結ぶ、つくばエキスプレス。好調のようで、朝通勤時間帯の混雑緩和対策が必要となっています。開業翌年度(2006年度)の輸送人員は約20万人だったのですが、2014年度は約33万人に増加しています。

 そこでつくばエクスプレスは2つの輸送力増強策をとることになりました。ひとつは、5編成の増備。2019年度末までに行います。これにより、朝ラッシュ時間帯1時間の最混雑区間である青井-北千住間の運行本数を現行の22本から25本に増やします。運行本数の増加は2019年度末に行うようです。もうひとつは、一部交直流車両のロングシート化。交直流車両はつくばまでの運用を担うため、中間の2両はセミクロスシートになっています。しかし、23編成のうち16編成について、ボックスシートをロングシートに改造し、定員増と乗降のスムーズ化を図ります(残る7編成がボックスシートのままなのは、何の意図があるのでしょうか?)。2017年度からロングシート化に着手します。これら2つの対策により、朝ラッシュ時間帯の供給輸送力を14~15%程度増加させます。なお、ホーム延長などの投資が必要な、8両編成化は考えていません。

 車両の増備、それに伴う車両基地の増備、変電設備の増強等、それとロングシート化にかかる事業費は約100億円と見積もられています。

(追記1)
 一部の編成でボックスシートを残すのは、主に休日のレジャー向けに使うためだそうです。

(追記2)
 2018年6月7日、つくばエクスプレスは増備する5編成を新型車両で賄うことを発表しました。交流区間にも対応可能なもので、2020年3月に運行を開始する予定です。

 また、セミクロスシートで残された車両についても、オールロングシートにするようです。

 なお、話は変わりますが、2017年度もつくばエクスプレスは9年連続の経常黒字を計上し、ついに累積損失を一掃しました。
(参考:つくばエクスプレスホームページ http://www.mir.co.jp/company/release/upload/133b0883d254d4163b165f0eacf7cd82.pdf、http://www.mir.co.jp/company/release/upload/804e59c8c0d9eaddfd9e60c012391ee3_1.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2016/10/20/283921.html、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2016/10/20/389/、千葉日報ウェブ https://www.chibanippo.co.jp/news/politics/418673、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/79291/2、https://trafficnews.jp/post/80641)

|

« 国境周辺の離島への運賃、JR並みに値下げ | Main | 「ノスタルジートレインで巡るこだわりのおかやま旅シリーズ」 »

鉄道」カテゴリの記事

首都圏私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference つくばエクスプレス、輸送力増強で新車&ロングシート化:

« 国境周辺の離島への運賃、JR並みに値下げ | Main | 「ノスタルジートレインで巡るこだわりのおかやま旅シリーズ」 »