« 環境省、奈良線の103系を「うるさい」と指摘 | Main | JR西日本、白山駅追加に否定的 »

JR西日本、大阪駅等にホームドアを優先して整備

 駅ホームからの転落事故を防ぐためには、ホームドアを設置するのが有効です。しかし、地下鉄のように同じような列車が走る路線ならともかく、快速と普通で扉配置が異なるようなJR西日本の路線で導入するのは難しいです。

 ところがそのJR西日本がホームドアの整備を進めることにしました。優先して整備を進めるのは、1日当たりの乗降客が10万人以上の14駅(京都、高槻、新大阪、大阪、三ノ宮、神戸、明石、姫路、京橋、鶴橋、天王寺、新今宮、岡山、広島)とホームからの転落や列車との接触が多い西明石。西明石は乗降客が約6万人ですが、普通電車の終点で酔客も多く降りる(降ろされる?)ため追加されました。

 このうち大阪駅6、7番のりばと京橋駅2番のりば(学研都市線ホーム)に可動式ホーム柵を2017年春から導入する予定です。いずれも4扉車しか通らないのです。このほか、京都駅と三ノ宮駅の2駅については、昇降式ホーム柵を整備する計画です。この2駅は、違う扉配置の車両が走るため、可動式ホーム柵では対応できないのです。JR西日本が開発し、六甲道駅と高槻駅で実用化しているものです。ただ、各駅の整備時期や整備するのりばは決まっていません。

(追記1)
 三ノ宮駅の昇降式ホーム柵設置計画が明らかになりました。まず最初に設置されるのは、快速と普通が停まる2、3番のりば。2017年度に設計とホームの補強を行い、2018年度中に稼働させます。特急と新快速が停まる1、4番のりばも2019年度に着手し、2020年度に完成する見込みです。

 設置費用は約9億円、国が1/3、兵庫県と神戸市も1/3を助成します。

(追記2)
 大阪駅6番のりばの可動式ホーム柵の使用開始日が2017年4月22日と決まりました。7番のりばは2017年5月27日です。

(追記3)
 三ノ宮駅の2、3番のりばに昇降式ホーム柵を設置する話ですが、その使用開始時期が2019年秋ごろに延びました。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/11/page_9521.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/03/page_10185.html、http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/04/page_10277.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12342.html、神戸新聞NEXT https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201611/0009672550.shtml、https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201702/0009925190.shtml)

|

« 環境省、奈良線の103系を「うるさい」と指摘 | Main | JR西日本、白山駅追加に否定的 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR西日本、大阪駅等にホームドアを優先して整備:

« 環境省、奈良線の103系を「うるさい」と指摘 | Main | JR西日本、白山駅追加に否定的 »