« 東急田園都市線の定期でバスも乗車可能&2017年以降に増発 | Main | 奥羽新幹線構想 »

汐見橋の観光案内図、イベントで切り分けて販売されていた

 南海汐見橋駅で長い間掲示されていた観光案内図が老朽化を原因として廃棄されていたという記事は記憶に新しいところですが、話に続きがありました。実は10月29日のイベントで切り分けて販売されていたのです。損傷が激しい部分は廃棄しましたが、小さく分けて、2000~5000円で販売していたのです。

 南海サイドとしては汐見橋の観光案内図の歴史的価値を認識していなかったようですが、実にもったいない話です。小さく分けてしまっては、もう元に戻ることはできません。損傷が激しいところはできるだけ修復して、博物館で展示するのが望ましかったのです。せめて、購入した人に大事に置いてもらうしかないのです。
(参考:BuzzFeed https://www.buzzfeed.com/kensukeseya/information-map-nannkai?utm_term=.vebwz3GAJ#.sf543mn76)

|

« 東急田園都市線の定期でバスも乗車可能&2017年以降に増発 | Main | 奥羽新幹線構想 »

鉄道」カテゴリの記事

南海・泉北」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 汐見橋の観光案内図、イベントで切り分けて販売されていた:

« 東急田園都市線の定期でバスも乗車可能&2017年以降に増発 | Main | 奥羽新幹線構想 »