« 汐見橋の観光案内図、イベントで切り分けて販売されていた | Main | EU、18歳に無料鉄道パス贈呈か? »

奥羽新幹線構想

 整備新幹線の整備が進めば、それ以外の新幹線をつくろうとする動きが出ています。山陰を縦貫する、山陰新幹線をつくろうとする動きが典型例ですが、奥羽線にもそのような構想があります。

 奥羽線の福島-新庄間は山形新幹線、大曲-秋田間には秋田新幹線が走っていますが、新庄-大曲間は在来線のまま取り残されています。かつては上野からの特急列車が走っていましたが、今は時折普通列車のみが走る路線となっています。秋田県南部の湯沢や横手は、高速鉄道網から取り残されているのです。

 ここに新幹線を整備するのですが、常識的に考えたら、山形新幹線の延長になります。工期は1~2年、工費は400~500億円でできます。東京から湯沢や横手に新幹線が走ります。しかし、福島からは明治時代につくられた在来線規格の線路を走るため、所要時間の大幅なスピードアップを図ることができず(もっとも、東京に直通できれば十分で、スピードはそう求められないと考えられます。大曲、秋田からは秋田新幹線に委ねればいいのですから)、フル規格新幹線みたいに雪に強くはありません。フル規格新幹線をつくれば完璧ですが、建設費はミニ新幹線の10倍、約4500億円もかかります。JR東日本にも山形県、秋田県にも出せません。

 フル規格新幹線のコスト低減策もあるようですが、はっきり言って新庄-大曲間にフル規格新幹線をつくるような需要はありません。山形新幹線でフル規格新幹線が成り立つのは福島-山形間ぐらいで(ただし停車駅は多くても米沢とあとひと駅ぐらいです)、秋田県などの事業としてミニ新幹線をつくるのが精一杯です。先ほどもできたように少々時間はかかっても「つばさ」が秋田まで行けば十分なのです(秋田駅などで東京に行きたい客が間違って「つばさ」に乗らないようにすることは必要でしょうが)。それよりも根元の福島-米沢間で線路を改良するなどして、山形新幹線の利用者全体の利便性向上を図ったほうが良いでしょう。
(参考:TOHOKU360 http://tohoku360.com/ouushinkansen/)

|

« 汐見橋の観光案内図、イベントで切り分けて販売されていた | Main | EU、18歳に無料鉄道パス贈呈か? »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

福島-山形に関しては福島駅の平面交差や板谷峠でのスピードの遅さ,需要の多さなどからしてフル規格新幹線の建設が妥当であり,次期整備計画において小倉-大分,岡山-松山と並ぶ重要区間だと思います.

山形-秋田に関しては全部フル規格で作れば,秋田新幹線の乗客も奥羽新幹線に移ってくるでしょうから,そういう目で見れば成り立たないとも言い切れませんが,福島-山形よりも格段に優先度は低いでしょう.

Posted by: 84axgd86dm70 | 2017.01.08 at 01:05 PM

 84axgd86dm70 さん、こんにちは。

* 福島-山形に関しては福島駅の平面交差や

 整備新幹線全線の建設に目途が立った現状だから、山形方面もフル規格が良かったと言えるのであって、山形新幹線が建設された当時では、ミニ新幹線はベストとは言えなくてもベターな解答だったのでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2017.01.08 at 01:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/63956580

Listed below are links to weblogs that reference 奥羽新幹線構想:

« 汐見橋の観光案内図、イベントで切り分けて販売されていた | Main | EU、18歳に無料鉄道パス贈呈か? »