« 「きかんしゃトーマス」、2017年も運行へ | Main | 日高線の復旧費、86億円に増加 »

北陸新幹線「小浜-京都ルート」が最有力か?&白山駅追加

 北陸新幹線敦賀以西には3つのルート案があります。JR西日本などが推す「小浜-京都ルート」、京都府などが推す「舞鶴ルート」、滋賀県などが推す「米原ルート」の3つです。

 3つのルート案には一長一短がありますが、実際に建設に進むためにはどれかを選ばないといけません。国交省が各ルートの概算事業費、所要時間、需要見込みなどについて、調査しています。その結果は、11日の北陸新幹線の敦賀以西のルートなどを協議する与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームで提示するとされていましたが、どうやらその結果が明らかになったようです。

 それは、「小浜-京都ルート」を最有力の案とするもの。採算性や乗り換えの利便性が高いなどの理由です。採算性についてはこれまで悪いとされていましたが、ある程度の目途がついたのでしょうか? また、採算性を考えると「米原ルート」の方が良いのでしょうが、東海道新幹線に乗り入れる目途が立っていない以上、仕方がありません。新幹線と在来線なら乗り換えになっても仕方がない、と片づけることができますが、フル規格新幹線同士でなぜ直通できないかを鉄道を知らない一般の人に説明することは無理です。そこが解決しない限り、「米原ルート」は難しいことになります。

 さて、話は変わりまして、建設中の北陸新幹線金沢-敦賀間について。駅が追加されるようです。それは、金沢-小松間の白山駅(白山市)。地元から要望が出ていたため、追加が検討されるようになったようです。

 とは言っても、すでに話はしていますが、駅が多すぎます。80キロほどの金沢-福井間にはすでに小松、加賀温泉、芦原温泉の3駅ができます。それでも多すぎるぐらいなのに、さらに増えるのです。しかも、白山市にある在来線の駅(松任)は、これら3駅のように大多数の特急が停まるわけではありません。一部が停まるだけです。100億円をかけるほどの必要性のある駅ではないでしょう。

(追記)
 国交省によれば、一番費用対効果が良いのは「米原ルート」、次に「小浜-京都ルート」となります。この2つについては費用対効果が1を上回ります。これに対して、「舞鶴ルート」は費用対効果が1を下回り、採用するのは難しいことになります。
(参考:日テレNEWS24 http://www.news24.jp/articles/2016/11/09/04345984.html、福井新聞ホームぺージ http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/politics/108477.html、朝日新聞11月9日朝刊 中部14版、中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016111090100525.html)

|

« 「きかんしゃトーマス」、2017年も運行へ | Main | 日高線の復旧費、86億円に増加 »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

>採算性や乗り換えの利便性が高いなどの理由です。採算性についてはこれまで悪いとされていましたが、ある程度の目途がついたのでしょうか? 

これは、よくわからないですが、中日新聞の記事の表現では

"滋賀県・米原で東海道新幹線につなぐ「米原ルート」と、小浜から南下し京都につなぐ「小浜京都ルート」"

となっており、「小浜・京都ルート」というのは、敦賀-小浜-京都までのことで、京都-新大阪間の大深度地下別線建設は含まれていない可能性があります。

関西広域連合や滋賀県の試算等から逆算すれば、京都までの建設なら、BC係数は1を超えるでしょうが、新大阪まで全線建設なら、滋賀県の試算通り0.5程度になってしまうでしょう。
(滋賀県の試算にある建設費1.3兆円強というのは、見積もりが甘いと思える。
京都-新大阪間だけで1兆円程度かかると推定され、京都-敦賀も、湖西Rをベースに試算すれば、8千億程度、車両基地建設に1.5千億、計2兆円程度となろう)

京都まで建設で最終形とするなら、先はJR東海と協議して東海道新幹線に乗入れるか、FGTで在来線を走る、あるいは新線区間を狭軌方式にするかしかありません。
このまま、フル規格で敦賀まで作った場合は、場合によっては、永久に京都止り・乗換となる可能性も
否定できません。

Posted by: かにうさぎ | 2016.11.10 at 10:37 PM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* これは、よくわからないですが、

 発表されるデータを見てから考えることにしましょう。

Posted by: たべちゃん | 2016.11.11 at 06:07 AM

含まれてますよ、かにうさぎはアンチ大阪で大阪に繋がるのが面白くないだけです。
ブログ見たら明確ですよ。

Posted by: ほほ | 2016.11.11 at 03:31 PM

 ほほさん、こんばんは。

* 含まれてますよ、

 後で見に行きます。

Posted by: たべちゃん | 2016.11.11 at 08:33 PM

米原ルートについてですが、

・もちろん直通でなく乗り換え
・運賃/料金面で全く割引等の工夫なし(単純な合算)
・フル規格なのに敦賀〜米原間の50キロ区間で20分以上かけて徐行(現行の「しらさぎ」+東海道新幹線乗継に比べて7分しか時間短縮しない設定)

での試算のようですが、それでも費用対便益で2.2と出るのですね。

ただ、それでも小浜〜京都ルート(費用対便益1.1)で建設するというのが現実的判断というものです。事情を考えると、そのほうがいろいろとメリットがあるので。

Posted by: (yo) | 2016.11.12 at 08:56 AM

  (yo)さん、おはようございます。

 コメントですが、新しい記事で反映させたいと考えていますので、しばらくお待ちください。

Posted by: たべちゃん | 2016.11.12 at 10:04 AM

自分も白山駅の必要性は高くないとおもいます.それでも地元が作りたいのなら仕方ないですが...
特急停車本数が少ないだけでなく金沢駅に近すぎるというのもあります.設置されたとしても各駅停車タイプのみの停車でしょうから利便性は高くなく,それでも白山駅の両隣とも各駅停車タイプのみ停車の駅ならまだ設置の意味があると思いますが,実際には小松駅は通過列車もあるでしょうが,金沢駅は全列車停車駅ですからそちらにでた方が便利です.つまり,白山市から新幹線を利用する場合,東西どちらに向かう場合も白山駅で乗るより在来線か自動車で金沢駅にいって金沢駅から利用する方が便利ということになり,白山駅の利用者は少なくなってしまいそうです.岐阜から新幹線を利用するときに東西どちらに向かう場合でも岐阜羽島駅ではなく名古屋駅へ行く方が便利といった感じに似ているでしょうか?

Posted by: 84axgd86dm70 | 2016.11.12 at 09:34 PM

 84axgd86dm70さん、こんばんは。

* 特急停車本数が少ないだけでなく金沢駅に

 冷静に考えると白山駅をつくらないといけないわけではないでしょう。

* 岐阜から新幹線を利用するときに

 岐阜羽島はよく誤解されますが、高速道路に近くて車を停めやすいのがメリットです。駅まで車で行かないといけないなら選択できます。

Posted by: たべちゃん | 2016.11.12 at 10:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64465190

Listed below are links to weblogs that reference 北陸新幹線「小浜-京都ルート」が最有力か?&白山駅追加:

» 「舞鶴ルート」投資見合わず [淡海の国から on blog]
舞鶴ルートは北陸新幹線でだなんてもったいない。 「山陰新幹線」として、東海道新幹線から枝分かれさせて、舞鶴、鳥取、米子、松江と延伸させたほうが夢があります。 ( [Read More]

Tracked on 2016.11.10 at 09:32 PM

« 「きかんしゃトーマス」、2017年も運行へ | Main | 日高線の復旧費、86億円に増加 »