« 名古屋駅や岐阜駅でもJR西日本からのICカード精算は可能 | Main | JR西日本、大阪駅等にホームドアを優先して整備 »

環境省、奈良線の103系を「うるさい」と指摘

 JR西日本は奈良線の安定輸送の確立を目的として、一部区間を複線化しようとしています。JR藤森-宇治間、新田-城陽間、山城多賀-玉水間を複線化する、奈良線第2期複線化事業です。

 この複線化事業、10キロ以上の鉄道の設置または改良の工事であるため、環境影響評価法の対象となります。環境大臣は環境影響評価書について、国土交通大臣等からの照会に対して意見を述べることができます。1年近く前のことですが、2015年12月、環境大臣は、京都府で計画されているこの奈良線第2期複線化事業に係る環境影響評価書について、意見を提出しました。

 その環境大臣意見ですが、列車走行に伴う騒音・振動について述べた項目があります。騒音を低減するためロングレール化(分岐器設置区間などロングレール化が困難なところについては、防音壁の設置を求めています)などを求めていますが、注目されるのは「103系車両からの代替による低騒音型機器搭載車両の導入推進」(環境省ホームページより)という記述。簡単に言えば、103系を「うるさい」と言っているのです。

 つい最近までこの旧型の103系は、アーバンネットワークでたくさん走っていました。ただ、大阪環状線阪和線に新車が入り(入る予定で)、ようやく103系は淘汰されつつあります。そして、今のところ置き換えのない大和路線、奈良線においても大阪環状線の201系、阪和線の205系が投入され、103系を追い出せるのかもしれません。
(参考:環境省ホームページ http://www.env.go.jp/press/101807.html)

|

« 名古屋駅や岐阜駅でもJR西日本からのICカード精算は可能 | Main | JR西日本、大阪駅等にホームドアを優先して整備 »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64403442

Listed below are links to weblogs that reference 環境省、奈良線の103系を「うるさい」と指摘:

« 名古屋駅や岐阜駅でもJR西日本からのICカード精算は可能 | Main | JR西日本、大阪駅等にホームドアを優先して整備 »