« 東京メトロ、翻訳するメガホン導入 | Main | 愛媛と大分を橋や海底トンネルで結ぶ構想、単線鉄道をトンネルで結ぶのが一番安い »

札幌市電、利用者増加したが赤字も増加

 札幌市電がループ化されてから20日でちょうど1年が過ぎました。

 札幌市交通局によれば、2015年12月から2016年12月18日までの間、1日当たりの平均乗車人員は23913人と、前年同期に比べて2240人増加しました。率にして10.3%です。以前に書いた記事同様、好調さを維持しています。札幌市は1日600人増加すると見込んでいましたので、それよりも大きく増えたことになります。利用者にアンケートをしても好評で、低床車の導入やサイドリザベーションの採用によって、車椅子での利用が増えました。2012年はたったの6件でしたが、2016年は11月末時点で228件に増えました。

 しかしこれも以前に記事にしていますが、老朽化した車両の更新が必要となっているため、赤字が増加しているのです。2015年度の赤字額は1.17億円、それが2016年度には2.90億円になるようです。この赤字を埋めるため、2017年4月に運賃の値上げをします。値上げにより、2023年度までに黒字化したいと考えています。また、歩道沿いに軌道がある区間では線路上で駐停車したり、タクシーの乗り降りがあったりする事例が多発しています。違法駐車による遅れは18日現在で19件発生しています。駐車停車禁止の標識を増やすことも考えています。

 札幌市はループ化の効果や運賃値上げの影響を検証し、市電の延伸を検討します。延伸先として候補に挙がっているのは、札幌駅、桑園、苗穂の3か所です。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/economy/20161221-OYT1T50041.html、北海道新聞ホームぺージ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0350372.html)

|

« 東京メトロ、翻訳するメガホン導入 | Main | 愛媛と大分を橋や海底トンネルで結ぶ構想、単線鉄道をトンネルで結ぶのが一番安い »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 札幌市電、利用者増加したが赤字も増加:

« 東京メトロ、翻訳するメガホン導入 | Main | 愛媛と大分を橋や海底トンネルで結ぶ構想、単線鉄道をトンネルで結ぶのが一番安い »