« JR九州の社長が長崎新幹線のフル規格を求める? | Main | 神岡鉄道の車両が旧奥飛騨温泉口駅に »

JR北海道、日高線の一部廃止を提案

 2015年1月の高波被害以来一部の区間を除いて運休が続いている日高線。その日高線について、JR北海道は大きな判断を下しました。それは運休している鵡川-様似間(116.0キロ)について、復旧を断念するというもの。12月21日に沿線の首長に説明しました。

 復旧を断念した理由は5つあります。(1)復旧費が約86億円にも上り、JR北海道が単独で負担できず、さらに言えば、海岸の浸食を防ぐための離岸堤の整備にもお金がかかり、それを加えると100億円以上の費用がかかること (2)線路を復旧させたとしても鵡川-様似間を維持するためには、赤字額と土木構造物老朽対策の費用として年間16.4億円が必要ですが、それをJR北海道が負担することができないこと (3)先ほどの16.4億円のうち、JR北海道は列車運行にかかる経費相当額3億円のみを負担し、残りは地元自治体に負担してもらうつもりでしたが(上下分離方式の導入を含みます)、地元から協力を得られなかったこと (4)モータリゼーションの進展、沿線人口や高校生の減少などにより日高線の利用者が減少し、鵡川-様似間の2014年度(12月まで)の輸送密度が186人(分割民営化を行った1987年度の約1/3。なお、列車の運行本数は1987年とほとんど変わりありません)、赤字の額も2014年度(12月まで)で約11億円に上っていること (5)高規格幹線道路の日高道が2017年度に厚賀インターチェンジ(仮称)まで延伸予定であり、今後静内インターチェンジ(仮称)まで延伸予定であること

 地元は反発していますが、どう冷静に考えても鉄道を維持することができる状況ではありません。将来もお先真っ暗なのです。JR北海道は列車運行時と同等以上のバスを運行するための支援や、定期差額運賃の一定期間の補てん等も考えていますので、ただ単に鉄道の維持を求めるのではなく、現実を正しく見てバスにスムーズに移行しなくてはならないでしょう。すでに沿線には末端の浦河-様似間を中心に、路線バスが走っています。これを拡充することで利便性を維持するのが望ましいと言えます。

 なお、沿線のひとつ、日高町から要望のあった、鵡川-日高門別間の復旧及び維持費の試算については、別途回答するとのことです。

(追記)
 JR北海道は2017年2月28日までに鵡川-日高門別間の復旧及び維持費について回答しました。毎年の維持費が3.2億円で、そのほかに台風などの災害復旧費が約1億円、日高門別の折り返し設備の新設に約6000万円かかります。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161221-4.pdf、http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161118-3.pdf、北海道新聞ホームぺージ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0351083.html、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/CMTW1703010100002.html)

|

« JR九州の社長が長崎新幹線のフル規格を求める? | Main | 神岡鉄道の車両が旧奥飛騨温泉口駅に »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

日高線は鉄路で復旧させるには厳しいと思います。

こういう時こそ地元自治体主導で鉄道に代わる交通のあり方を考えるべきかと思います。

バスに転換するのなら地元利用だけでなく、これまで鉄道を利用していた観光利用者の取り込み策も考えていくと良いと思います。(例:鉄道企画切符が日高線転換バス路線でも使えるようにするなど。)

万が一、補助金を出して鉄路を復旧させた場合でも地元利用だけではなく、外部からの観光客誘致も考えていかなくてはいけないと思います。

廃止反対一辺倒、JR北海道にお任せではなく、未来につながる公共交通需要の掘り起こし・対策を沿線自治体で考えるべき時が来ていると思います。

Posted by: Soleil | 2016.12.24 at 09:45 AM

 Soleilさん、こんにちは。

* 日高線は鉄路で復旧させるには厳しいと思います。

 輸送密度が10倍に増えるならともかく、あの数字なら復旧させること自体が無駄です。

* 廃止反対一辺倒、JR北海道にお任せではなく、

 残念ながら日高線は枝線にすぎないので、国やJR北海道が関与すべき路線ではありません。地元自治体と北海道で何とかするところです。

Posted by: たべちゃん | 2016.12.24 at 12:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64655885

Listed below are links to weblogs that reference JR北海道、日高線の一部廃止を提案:

« JR九州の社長が長崎新幹線のフル規格を求める? | Main | 神岡鉄道の車両が旧奥飛騨温泉口駅に »