« 4月の「青の交響曲」は特別体制 | Main | JR九州、「にちりん」等日豊線特急をワンマン運転か? »

箱根登山鉄道、「アレグラ号」の2両バージョンを登場させる

 箱根登山鉄道は2014年11月に3000形(「アレグラ号」)の運行を始めましたが、3000形は単行です(ほかの車両と連結して走行します)。

 ところが、この「アレグラ号」に2両固定編成バージョンができました。3100形といい、2両編成あるいは3000形と併結しての3両編成が可能となります。

 この2両固定編成の「アレグラ号」、単行で走ることがないため連結部分に運転台は要りません。定員は2両で164人(座席を収納すれば166人)と、3000形の75人の倍以上となっています。連結間の窓を大型にし、箱根の雄大な自然のほか、箱根登山鉄道ならではの急曲線の走行シーンも間近で見ることができます。

 3100形は2両だけつくられます。2両連結しての長さは約28メートル、総製造費は2両で約6.2億円です。2017年4月に竣工し、5月に営業運転を開始する予定です。デザインは3000形のほか、VSEやMSEで実績があり、小田急70000形を手掛ける岡部憲明アーキテクチャーネットワークが行います。
(参考:箱根登山鉄道ホームぺージ http://www.hakone-tozan.co.jp/dat/pdf/3100%BF%B7%C2%A4%A5%EA%A5%EA%A1%BC%A5%B9%BD%A4%C0%B5%C8%C7.pdf、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/61110/)

|

« 4月の「青の交響曲」は特別体制 | Main | JR九州、「にちりん」等日豊線特急をワンマン運転か? »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 箱根登山鉄道、「アレグラ号」の2両バージョンを登場させる:

« 4月の「青の交響曲」は特別体制 | Main | JR九州、「にちりん」等日豊線特急をワンマン運転か? »