« 「ハローキティ」路面電車 | Main | 東京メトロ、翻訳するメガホン導入 »

「ドリーム号」に新しい名前

 1969年に日本初の夜行高速バスとして登場して以来、様々な改善が行われているJRバスの「ドリーム号」。多くの人に利用され、夜行バスの代名詞的な存在にもなっています。

 その「ドリーム号」ですが、ジェイアールバス関東と西日本ジェイアールバスは2017年春に新型車両を導入します。東京-大阪間を1日1往復する予定です。その新型車両とはどういうものでしょうか? ハイデッカー仕様の車内に、前方には2列シートを4席、後方には3列シート(1列+2列)を14席の合計18席を用意します。従来の「ドリーム号」よりもゆったりとしたものになります。2列シートは「プレミアムドリーム号」のプレミアムシート。足を伸ばしても寝返りをうつことができるぐらいの、ホテルのようなシートです。従来よりもシートピッチを拡大し、足元にはヒーターも用意します。3列シートは「グランドリーム号」の新型クレイドルシート(ゆりかごのような快適なシート)をベースにして、リクライニング機能を向上させて快適性をアップしています。全席でシートピッチを1メートル以上確保して、足元もゆったりとしています。2列シートには全席にパーテーションを設置します(3列シートは座席の前後を仕切るプライベートカーテンも併用)。コンセント、フリーWi-Fi、空気清浄機付きエアコンを標準装備するとともに、「ドリーム号」では初めて、全席にタブレット端末を設置します。動画や雑誌なども無料で楽しむことができます。当然ながら充実した安全装備を備え、安全にも配慮したものとなっています。

 この新しい「ドリーム号」、名称を募集します。12月19日から2017年1月20日の間、パソコンやスマートフォンで応募することができます。新しい名称は2017年2月下旬に発表する予定で、応募した人の中から抽選で20人を試乗会に招待します。なお、名称の選定には「ドリーム号」のアンバサダーであるAKBの横山由依も加わります。彼女はAKBの候補生であった高校生のときに、毎週末「ドリーム号」に乗って東京と京都の間を往復していたのです。

 ここで気になるのが、先日取り上げた「DREAM SLEEPER 東京大阪号」の話。事前に動きを知っていたのでしょうか?
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/12/page_9687.html、JR高速バスドリーム号ホームぺージ http://www.jrbus-dreamgo.jp/)

|

« 「ハローキティ」路面電車 | Main | 東京メトロ、翻訳するメガホン導入 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ドリーム号」に新しい名前:

» 【西日本JRバス】【JRバス関東】「ドリーム号」の新たなラインナップとして最も快適に過ごせる車両を導入(平成29年春) [阪和線の沿線から]
西日本JRバスとJRバス関東では、京阪神と東京を結ぶ夜行高速バス「ドリーム号」の新たなラインナップとして、「ご利用のお客様が最も快適にお過ごしいただける」新型車両を平成29年 ... [Read More]

Tracked on 2016.12.28 11:15 PM

« 「ハローキティ」路面電車 | Main | 東京メトロ、翻訳するメガホン導入 »