« 「三陸鉄道片道途中下車きっぷ」発売 | Main | JR東日本、新潟色を復活 »

単色化が進む岡山で湘南色が残る

 JR西日本は車両への塗装費用を削減するため、2009年から地方の電車を一色に塗ることにしました。色は地域ごとに決められ、中国地方は瀬戸内海に反射する陽光をイメージした濃い黄色となっています。岡山支社管内でも約220両ありましたが、9割以上が塗り替えられ、残っているのは2編成6両のみとなりました。

 しかし、正直言ってJRになってからの新型車両や通勤型車両はともかく、国鉄型の近郊型車両に一色塗りは合っていません。国鉄時代からある湘南色のほうがはるかに人気は高いです。当初はこの6両も1月以降に行われる定期検査に合わせて、色を塗りなおす予定でしたが、湘南色が消えるのを惜しむ声を受けて、湘南色のまま残すことにしました。イベント用として使うことも考えています。

 残る6両は1976年に製造されました。1986年に三鷹電車区から移ってきて、その後30年間、山陽線、伯備線、瀬戸大橋線などで走り続けてきました。6両とも約600万キロ走ってきましたが、当分廃車の予定はありません。当分は岡山で懐かしい湘南色の車両を見ることができます。
(参考:山陽新聞degital http://www.sanyonews.jp/article/470964/1/)

|

« 「三陸鉄道片道途中下車きっぷ」発売 | Main | JR東日本、新潟色を復活 »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/64737515

Listed below are links to weblogs that reference 単色化が進む岡山で湘南色が残る:

» 【JR西日本】115系湘南色の塗装更新を発表。5月3日〜6日は2編成併結し6両編成で運行 [阪和線の沿線から]
つい近年まで、東海道本線・山陽本線を中心に多く見られたオレンジとグリーンのツートンカラー、いわゆる「湘南色」ですが、車両の置き換えや塗色の変更により、少しずつ数を減ら ... [Read More]

Tracked on 2017.04.19 at 11:44 PM

« 「三陸鉄道片道途中下車きっぷ」発売 | Main | JR東日本、新潟色を復活 »