« 旧増毛駅舎、映画の時代に復元へ | Main | 宇都宮ライトレール、栃木県も出資と職員派遣を検討、運賃案 »

宇都宮のLRT、2016年度の着工先送りへ

 2016年11月の宇都宮市長選に勝ち、着工に向けての難関をクリアしたはずの宇都宮のLRT。

 これで着工に弾みがつき、予定通り2019年12月に開業できるかと言えば、そうではないのです。佐藤市長は2016年12月の宇都宮市議会で2016年度中の着工断念を表明したのです。

 前例のないまっさらのところからのLRT建設ですから、市民へのさらなる説明は必要かもしれません。ただ選挙では、主要公約として堂々とLRTの建設を掲げたのですから、LRTの建設について宇都宮市民は大筋で認めたことになります。細かい部分はともかく、LRTを白紙撤回することはそれこそ公約違反です。

 このまま着工、そして完成が遅れたら、次の選挙が来てしまいます。宇都宮のLRT事業は、交通面の課題を解決するための手段ではなく、すでに政局になってしまっています。市民団体に代表される反対派はLRTに反対するだけで、その課題を解決する方法を持ち合わせていません。LRTは郊外の工業団地への大量輸送手段になりますし、都心部は郊外から集まってくるバスで混雑します。LRTの代わりにBRTを整備するなら話は分かりますが、そんな改善策を出さない市民団体の話を聞く価値はありません。次の選挙の前に開業できるに越したことはありませんが、そうでなくてもある程度のところまでLRTをつくりあげておいたほうがよいでしょう。
(参考:東京新聞ホームぺージ http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201612/CK2016121302000181.html)

|

« 旧増毛駅舎、映画の時代に復元へ | Main | 宇都宮ライトレール、栃木県も出資と職員派遣を検討、運賃案 »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宇都宮のLRT、2016年度の着工先送りへ:

« 旧増毛駅舎、映画の時代に復元へ | Main | 宇都宮ライトレール、栃木県も出資と職員派遣を検討、運賃案 »