« 青森市内で大学生向けシャトルバス実験運行をしていた | Main | JR北海道にも「えきねっとトクだ値」 »

南海、「マイチケット」利用終了、払い戻しへ

 ICカードの前は「スルッとKANSAI」のような直接自動改札機に投入するタイプのプリペイドカード、そしてその前にあったのが「オレンジカード」のような自動券売機で引き換えるタイプのプリペイドカードでした。南海にも「オレンジカード」タイプのカードがありました。「マイチケット」というもので、発売は1999年3月31日に終了しましたが、それから18年近くの間、自動券売機で引き換えることができました(一部の駅の自動券売機で引き換えることができます。主要駅だからできるというわけではなく、普通や各停しか停まらない駅でも使えたり、主要駅でも羽衣、和歌山大学前、関西空港、金剛、高野山では使えなかったりします)。

 しかしとうとう、利用を終了することになったのです。利用終了日は2017年3月31日です。その後は4月1日から6月30日まで払い戻しを受け付けます。払い戻しは主要駅の係員窓口で受け付けます。原則現金での払い戻しとなりますが、枚数や金額によっては銀行振り込みになることもあります。また、「マイチケット」を読み取る機械のない、羽衣、和歌山大学前、関西空港、金剛、高野山などでは、後日の払い戻しとなります。沿線以外の人については、郵送でも払い戻しの受付を行います。払い戻した「マイチケット」は原則として返却しませんが、希望があれば、5ミリ程度の穴をあけて、後日返却することとなります。
(参考:南海ホームページ http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/170126.pdf)

|

« 青森市内で大学生向けシャトルバス実験運行をしていた | Main | JR北海道にも「えきねっとトクだ値」 »

鉄道」カテゴリの記事

南海・泉北」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南海、「マイチケット」利用終了、払い戻しへ:

» 【南海電鉄】磁気式プリペイドカード「マイチケット」の利用終了・払い戻しを発表(H29.3.31使用終了) [阪和線の沿線から]
南海電鉄では、同社が昭和62年8月1日から発売・取り扱いを開始し、平成11年3月31日に販売を終了している前払式支払手段磁気式プリペイドカード「マイチケット」について、平成29年3月3 ... [Read More]

Tracked on 2017.02.04 03:56 PM

« 青森市内で大学生向けシャトルバス実験運行をしていた | Main | JR北海道にも「えきねっとトクだ値」 »