« 「TRAIN SUITE 四季島」には「東日本の旬」コースもある | Main | 北海道新幹線札幌駅ホーム問題、とりあえず11番線増設から »

多摩モノレール、クロスシート車両消滅

 多摩モノレールの車両は、乗客の沿線の景色を楽しんでもらうため、車体中央部にクロスシートを備えていました。

 ところが、多摩モノレールの乗客は順調に増え、クロスシートの車両ではドア付近に乗客が集中し、スムーズな乗降ができないようになってしまいました。

 そこで多摩モノレールは2004年4月から順次、クロスシート部分をロングシートにする工事を行ってきましたが、最後のクロスシート車両が2016年10月6日にロングシートへの交換作業に入ることになりました。開業以来あった、クロスシートの車両が消えたのです。これにより乗降がスムーズになることが期待されます。

 しかし、実はまだクロスシートが残っていたのです。乗務員室後ろの展望室は引き続き残っているのです。景色が良く見えるだけに、人気はさらに高くなることでしょう。
(参考:多摩モノレールホームぺージ http://www.tama-monorail.co.jp/info/list/mt_img/280930-press.pdf)

|

« 「TRAIN SUITE 四季島」には「東日本の旬」コースもある | Main | 北海道新幹線札幌駅ホーム問題、とりあえず11番線増設から »

鉄道」カテゴリの記事

首都圏私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 多摩モノレール、クロスシート車両消滅:

« 「TRAIN SUITE 四季島」には「東日本の旬」コースもある | Main | 北海道新幹線札幌駅ホーム問題、とりあえず11番線増設から »