« 東武、4月21日ダイヤ改正で日光方面への快速廃止 | Main | 小海線にもATACS »

SL「大樹」は1日3往復、東武ワールドスクウェアは7月22日に開業

 今日の記事はSL「大樹」と東武ワールドスクウェアについての続報です。

 SL「大樹」は下今市-鬼怒川温泉間を1日3往復します。このSL「大樹」は途中、東武ワールドスクウェアのみに停まります。SL「大樹」の2017年度の運転日は休日を中心に98日間の予定、冬季もコンスタントに週末などに運転します。運賃のほかに、SL座席指定料金として大人は750円、子供は380円が必要です。ところで、以前書いた元「はまなす」用の車両導入の話ですが、東武のプレスリリースを見る限りでは、JR北海道から客車の譲受があったとは読めません。

 先ほど、SL「大樹」は東武ワールドスクウェアのみに停まると書きましたが、東武ワールドスクウェアの開業の時期が明らかになりました。7月22日です。東武ワールドスクウェアに停車する時間帯は限られていて、9:18~18:18のみです。ただ、この停まる時間帯はSL「大樹」のほか、特急列車も停まります。新駅の開業に伴い、「駅ナンバリング」も変更します。なお、東武ワールドスクウェアの入園券売り場付近において、特急券や普通乗車券を発売します。

 ここで特徴的なのが、運賃。当面の間はわずか680メートルしか離れていない隣駅の小佐越の運賃を使います。ただ、東武ワールドスクウェア-鬼怒川公園間は、ICカードを使わない限り、東武ワールドスクウェア-鬼怒川公園間の実際の営業キロに相当する150円とします。小佐越だと170円になるので、さらに例外的な扱いにしたのです。

(追記1)
 SLが検査のときは、DLのみで運行を行います。そのときの「大樹」の料金は、大人510円、子供260円です。

(追記2)
 2019年3月16日から、運賃設定が変わったようで、東武ワールドスクウェア発着の運賃は、東武ワールドスクウェアからの距離によって計算されます。一部駅の運賃が最大で185円上がります(ICカード利用の場合)。また、これまでICカードが使えなかった、小佐越や鬼怒川温泉へも使えるようになります。
(参考:東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/8b0d35f59977ed0dc9106c91543ec096/170228_2.pdf?date=20170228113015、http://www.tobu.co.jp/file/pdf/79c334dda9506eee8dc5a17f5b07168c/170228_3.pdf?date=20170228191107、http://www.tobu.co.jp/file/pdf/f2265cb297f9c36750a6d6ac03d2a426/171222_1.pdf?date=20171122115011、www.tobu.co.jp/file/pdf/eb943ad011f361f09c729d7970e827ff/newsletter_190215%20.pdf?date=20190215134217)

|

« 東武、4月21日ダイヤ改正で日光方面への快速廃止 | Main | 小海線にもATACS »

鉄道」カテゴリの記事

東武」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SL「大樹」は1日3往復、東武ワールドスクウェアは7月22日に開業:

« 東武、4月21日ダイヤ改正で日光方面への快速廃止 | Main | 小海線にもATACS »