« 小海線にもATACS | Main | 首都圏の座席のない車両、廃止へ »

京阪神-福岡間の「ムーンライト号」3月31日で休止へ、「博多・フジヤマExpress」季節運行へ

 京阪神(京都、大阪、USJ、神戸)と福岡(北九州、福岡)とを結ぶ阪急観光バスと西日本鉄道の高速バス、「ムーンライト号」。1983年3月の中国道全線開通に合わせて誕生した、歴史のある高速バスです。起終点のエリアに拠点を置く事業者と組んでの共同運行、1人掛け3列シートの採用(これは1986年から)など、現在の夜行高速バスでは当たり前のことになっていることが、この「ムーンライト号」から始まったのです。一時はノンストップ便や、北九州や筑豊への便もありました。

 ところが、この区間はLCCや旧ツアーバスとの競争が激しく、ここ10年ほどは厳しい状況だったようです。運行を維持するために三宮やUSJへの追加停車、京都への延長、運賃制度の変更などのいろいろな策を行ってきましたが、どうにもならなかったようで、3月31日の出発便の運行をもって休止することとなりました。

 また、西鉄と富士急山梨バスが共同運行する「博多・フジヤマExpress」についても変化があります。2014年8月に運行を始めましたが、現時点で採算ラインに届いていないため、毎日運行するのは3月31日までで、4月1日からはゴールデンウィーク、夏の富士登山シーズン、年末年始、春休みのみの季節運行となります。余談ですが、この「博多・フジヤマExpress」、静岡県内は幅広く停車します。西部の東名浜松北にも停車します。河口湖駅行きは4:28着(降車のみ取り扱います)、博多バスターミナル行きは22:11発(乗車のみ取り扱います)です。
(参考:西鉄ホームぺージ http://www.nishitetsu.co.jp/release/2016/16_125.pdf、http://www.nishitetsu.co.jp/release/2016/16_124.pdf、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/65525/、@niftyニュース https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12203-65960/)

|

« 小海線にもATACS | Main | 首都圏の座席のない車両、廃止へ »

バス」カテゴリの記事

Comments

LCCのライバルは新幹線よりむしろ高速バスだとの見方は、最初に目にした時に「梅原淳」と付いていたので「そういう妄想もかますんやな」くらいに思っていました。しかしムーンライト号がここ10年ほど苦境に立っていたとなると、新幹線と戦っていたらLCCに後ろから針で刺され続けた、としか即断できません。
正直、鹿児島から関西への夜行バスが全滅したのを(かなり後で)知った時より衝撃が大きいです。

Posted by: 日置りん | 2017.03.05 05:58 AM

 日置りんさん、おはようございます。

* 正直、鹿児島から関西への夜行バスが全滅したのを

 夜行高速バスの老舗ともいえる存在ですから、休止になるのは衝撃です。

Posted by: たべちゃん | 2017.03.05 06:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京阪神-福岡間の「ムーンライト号」3月31日で休止へ、「博多・フジヤマExpress」季節運行へ:

» 【阪急観光バス】【西日本鉄道】夜行高速バス「ムーンライト号」運行休止を発表(2017.3.31限り) [阪和線の沿線から]
阪急観光バスと西日本鉄道では、現在京都・大阪・神戸〜北九州・福岡間で運行している夜行高速バス「ムーンライト号」を、来る2017年3月31日(金)の出発便をもって運行休止とするこ ... [Read More]

Tracked on 2017.03.04 12:28 PM

« 小海線にもATACS | Main | 首都圏の座席のない車両、廃止へ »