« 北陸にも「駅ナンバリング」 | Main | 青森-函館間、在来線時代より遅い列車が多数 »

若桜まで高速バスで行くと半額

 大阪と鳥取を結ぶ日本交通の高速バス。約50年前からの歴史あるバスです。もともと国道29号線を通る若桜経由がメインでしたが、高速道路の整備された智頭経由がメインとなり、3年前には1日3往復から2往復に減りました。所要時間、運行の安定性から考えると智頭経由のほうが優れていて、わざわざ若桜経由を残す必要はありません。

 これでは若桜から大阪に直通する便がなくなってしまいます。そこでこの大阪とを結ぶ便の活性化と観光客誘致の一環として、大阪-若桜間の運賃を3200円から1600円に値下げしています。値下げ分は若桜町が負担します。1100万円の財源はふるさと納税などを使います。

 この値下げで利用者は大きく増えました。値下げをした2016年4月29日から12月末までの利用者は約5400人、前年度(1年間)の約1300人を大きく上回りました。学生を中心として大きく増えたのです。もともとこの値下げは3月までの予定でしたが、2017年度も継続する予定です。しかし、若桜町にお金が落ちたわけではありません。若桜でバスを降りたら、すぐに本来の目的地の鳥取市へ鉄道やバスで向かいます。さすがに若桜町も2017年度から、町内の飲食店や土産物店を記した割引クーポン付きの地図をバスの利用者に配ります。バス乗車券を購入したときに訪問目的を訪ねるアンケートを行います。
(参考:「鉄道ジャーナル」2016年9月号 鉄道ジャーナル社、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20170301-OYTNT50088.html)

|

« 北陸にも「駅ナンバリング」 | Main | 青森-函館間、在来線時代より遅い列車が多数 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 若桜まで高速バスで行くと半額:

« 北陸にも「駅ナンバリング」 | Main | 青森-函館間、在来線時代より遅い列車が多数 »